混雑時に合った心遣いの一言

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


混雑時に合った
心遣いの一言

 

土日や、夕方
お店によっては
混雑する日があるでしょう。

 

また、クリスマスやお正月、
お盆などイベント時期に
大混雑!というお店も多いのではないでしょうか。
 

でも、最近は
店頭を1人か2人で
切り盛りしているお店も多いため、
スタッフが接客中に
他のお客様をお待たせすること
もあるはずです。

 

そんな時、あなたやあなたのお店は
どのような対応をされていますか?

 

多くのスタッフが
順番の早いお客様に集中するあまり
新たにご来店されたお客様を無視して
しまっているように見受けられます。

 

すると、
新たにご来店されたお客様は
『待っていても大丈夫なのかな?
 待ち時間は長いのかな?』
と、

 

不安になって
『こんなに混んでいるんなら、
 このお店はやめておこう』
と、
スタッフも知らない間にお店から去ってしまう。。。

 

そんな残念なことも
起きているはずです。

 

確かに、
目の前のお客様に集中するのは大切なことです。

 

かと言って、
せっかくご来店されたお客様が
サービスを受けられないまま
去ってしまうのはもったいないことです。

 

わかってはいても
一度に複数のお客様を
接客することなんてできない。。。

 

そんな思いも湧いてくるでしょう。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

簡単な一言
お客様に安心感を差し上げて
快くお待ちいただくことができます。

 

その一言とは

「お次にお伺いいたしますので、
少々お待ちいただけますか?」

です。

 

飲食店であれば、
「お次にご案内いたします。
 おそらくあと●分くらいで
 ご案内できるかと思いますので
 恐れ入りますが、もう少々お待ちください」
と、
お伝えするだけです。

 

お客様の中にはもちろん
待つのが嫌!
という方もいらっしゃいます。

 

ですが、大半のお客様は
次に接客してもらえることがわかると、
快く待ってくださいます。

 

万が一、待つのが嫌だとしても
『あと●分くらいなら…。
 その間、隣のコンビニでも見てまた戻って来よう』
と思ってくださる方もいらっしゃるはず。

 

どんなに混雑していても
人員が足りていなくても
ほんの一声かけてみましょう。

 

『ここは忙しくてもちゃんと接客してくれるんだ』
お客様の好感度が
かえって上がるかもしれません。

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら