客単価を上げる接客時の会計のコツ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

 


会計時、会計だけで
終わっていませんか?

 

 

最近、お風呂に
色々な入浴剤を入れて入ることに
ハマっています。

 

 

お風呂に入る前に
『今日は、どの入浴剤にしようか』と
考えるのが
ちょっとした楽しみです。

 

 

ちょっとは女子力 上がるでしょうか。

 

 

おすすめの入浴剤があれば
ぜひ教えてください^^

 

 

さて、今日の内容へ。

 

 

あなたは会計時、
何か意識的にやっていることは
ありますか?

多くの方が
間違いないように会計をする。

 

 

ここだけに注力しているように
思います。

 

 

でも、会計時って、チャンスなんです!

 

 

なんのチャンスかというと、
お客様の情報を聞けるチャンスです。

 

 

お客様は
購入する商品を決めて、
すっきりした気持ちになれています。

 

 

入店時に持っていたような
警戒心も解かれている時間です。

 

 

だから、
この時に次につなげるために
質問をすることをお勧めします。

 

 

内容としては、
「お住まいか職場が近くなんですか?」
頻繁に立ち寄ってみてもらえそうか
聞いてみるのもいいですね。

 

 

もし、近くということがわかれば
「でしたら、●●様のお好みの感じのものが
 入りましたら、すぐに連絡しますね。
 20時までお店やっているので、
 仕事の帰りにでも寄っていただけると
 うれしいです」
と、

連絡する口実がつくれます。

 

 

また、
「先ほど、聞きそびれちゃったんですが」と、
添えて、

 

 

接客に夢中になっていて、
聞き忘れてしまっていたこと

聞いてみるのも一つでしょう。

 

 

「お仕事柄、
 小物は黒を選ばれることが
 多いんですか?」といった感じ。

 

 

そこで、お客様から
「そうなんですよ」と聞けたら、

 

 

会計後、
見送りをしながら、
「キーケースですごくおしゃれで
 ●●様に合いそうなものがあるんですよ。
 色は黒なのですが、ほんの少しラメが入っていて、
 小さいのですが華やかさがあるんですよ。
 今日、お買い上げくださった鞄にも合うので
 せっかくなので、お帰りになる前に
 ちょっとだけ見てみませんか?」と、

 

 

プラスの商品を案内するのも一つです。

 

 

すでにお客様は
あなたから買い物をした後なので、
『売り込まれたらどうしよう!』と思わずに、

 

 

『まあ、見るだけ見てみようかな』といった
軽い気持ちで見ることができます。

 

 

実際に、私はこの接客の仕方で
何度もお客様に
もう一点お買い上げいただきましたし、

 

 

私自身もお客として
何度か買っています^^

 

 

会計時、ただの雑談で終わらせるのではなく、
次につなげていくために
どんなことをお客様と話をしたらいいか
考えてみる。

 

 

それだけでも、
再来店率や、客単価アップに
つながっていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本