接客でお客様の名前を呼んだ方がいいのか?名前を呼ぶことでのメリット

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


お客様の名前を呼ぶって、
本当に大事なの?

 

 

先日、温泉旅館に
行った時のことです。
 

チェックインをしている際に、
仲居さんが娘に声をかけました。

 

仲居さん
「こんにちは~。
 何歳なの?」

 

娘「6さい」

 

仲居さん
「じゃあ、もうすぐ小学生かな?」

 

娘「うん」

 

仲居さん
「お名前はなんていうの?」

 

娘「すずきゆいか」

 

仲居さん
「ゆいかちゃんっていうの?」

 

娘「うん」

 

そんな一見、
どこでもよくありそうな会話をして
受付をしました。

 

そして、ほんの数分待った後
受付とは違う仲居さん
部屋まで案内をしてくれました。

 

そしたら、
案内の途中、
「ゆいかちゃんは温泉好き?」と、
娘の名前を呼んで
話をしてくれたのです。

 

それだけではありませんでした。

 

食事をする際には
また違う仲居さんが担当してくれたのですが
「ゆいかちゃんのごはん、
 今持ってくるね~。
 たくさん食べてくれるとうれしいな」

 

その後、お風呂に向かう途中に
また別の仲居さんとすれ違ったら
「ゆいかちゃんはこれからお風呂かな?
 ゆっくり入って来てね」
と。

 

こんな感じで
計6~7回、娘は
旅館のいろんな方から「ゆいかちゃん」と
名前を呼んでもらえました。

 

娘は
名前を呼ばれていることで、
ルンルンで過ごしていました。

 

そんな娘の様子を見て
私もとても微笑ましく感じました。

 

そして、
『来年、またここに来ようね』と
娘と話をしました。

 

言い方が悪いですが、
ただ名前を呼んでくれただけ。

 

それだけで
こんな気持ちになれることを
教えていただきました。

 

正直、私は
人の名前を覚えるのが大の苦手です。

 

顔は覚えるのも、
どんな話をしたかを覚えるのも得意です。

 

が!名前だけは
なかなか覚えられないんですよね。。。

 

でも、『私は名前を覚えるの苦手なの』で
済ませるのではなく、

 

覚える努力をしていこうと思いました。

 

もし、あなたも
接客中にお客様の名前を知る機会がある際には

 

お名前で呼んで差し上げるように
意識してみるといいですよ。

 

ポイントは、
1回だけではなく複数回。

 

きっとお客様を名前で呼ぶ回数分、
気持ちの距離って
縮まっていくんじゃないかな、と
思います。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本