質問を変えるだけで客単価がアップ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


質問を変えるだけで
客単価アップ

 

ずっと業績が
落ち続けていてしまっていた企業が、
数回の研修を終え、
飛躍的に成果が出てきました。

 

担当の方が泣きながら
喜んでくださっている姿を見て
私まで感涙。

 

強い思いを持っている方と
仕事ができるのはとてもうれしいです。

 

さて、話は変わりますが、
あなたは日頃接客をする中で
『今使っているものより
 よい質問はないだろうか』

考えることはあるでしょうか?

 

質問力=売上

 

といえるほど、
質問は売上に直結する重要なものです。

例えば、
お菓子を扱っていて
お客様が誰かに差し上げるお菓子を
探しにきたとしたら、

迷っているお客様に
「何個ご入りようですか?」と
聞くよりも、

「差し上げる方は何名ですか?」

”何個いるか?”

ではなく、

”何人いらっしゃるか?”
質問を変えるだけ
客単価がアップします。

 

 

なぜか?

 

 

まず、
「何個ご入りようですか?」は
個数をお客様に
決めてもらう流れ
になります。

 

たいていのお客様は
『4人家族の家庭にあげるものだから
 4個でいいかな』といった
考えをされて、

「4個」とおっしゃるでしょう。

 

一方で、
「差し上げる方は何名ですか?」と
聞くことができれば

お客様が「4名」と
教えてくれたことに対して、

「1人1個ずつであれば4個入り。
 せっかく差し上げるので
 1人2個は食べてほしいとお考えであれば、
 8個入りがいいですね。」
と、
アドバイスをすることができます。

 

こう聞くと、お客様の中には
『確かに、1個だけでなく
 2個くらいずつは食べてほしいなぁ』
と思われる方も多くいらっしゃるので、

8個入りのお菓子を
選んでいただける確率が上がります。

 

質問をちょっと変えるだけで
いいアドバイスを
差し上げられるだけでなく、
客単価アップにつながるのです。

 

あなたが普段使っている質問の中で、
改善できるものは
ないでしょうか。

 

ぜひ、一度
振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本