売れる接客とは

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

お客様にとってのベストパートナーとなる。

そうすることで、

価格ではなく、価値で選ばれるようになる。

 

これが、私の掲げる売れる接客です。

 

 

私は『お客様の満足度』=『売上』と考えています。

 

突然ですが、お客様の満足度とは何でしょうか?
お客様の満足度は、感動のサービスをすることで上がると思われがちです。

 

しかし、実はそうではありません。

 

お客様の買い物においての満足とは、

✔感じよく迎えてもらえた
✔共感してもらえた
✔自分の考えを引き出してもらえた
✔スタッフに「信頼できそう」という安心感を抱くことができた
✔商品に「似合いそう」「長持ちしそう」などの期待感を持つことができた
✔商品を使うシーンをイメージできた
✔自分に合う商品に出会わせてくれた
✔よりよく使う方法を知れた
✔納得できた

といったような感情を抱いてもらうことです。

 

お買い上げいただくまでのプロセスの中で、

スタッフと商品に小さな満足を何度も感じるからこそ、

その積み重ねの結果がお客様の満足につながり、

購入へ結び付くのです。

そして、イメージ通りにその商品を使うことができた時に、

「またあのお店のあのスタッフのもとで買おう」と思ってもらえるのです。

 

ですから、お客様満足度は高いけれど、

売上はイマイチということはありえません。

 

「お買い上げ」に向けてお客様をサポートするからこそ、

高い満足度を獲得できるのです。

 

年々お店の商品力、接客力ともに向上しています。

それに伴い、お客様の見る目も養われています。

そのため、どのスタッフも同じ笑顔、同じ質問、同じ接客トーク。。。

なんとなく感じがいい接客だけでは

お客様の「欲しい」「買いたい」は引き出されなくなっています。

しかし、だからといって、

売れる接客法を習得することは難しいことではありません。

 

スタッフがお客様にとって、一緒に商品を選ぶパートナーとなればいいのです。

 

お客様がどんな気持ちでお店に入り、どんな悩みを持っていて、
どんな部分に共感して欲しく、何と言われたら「欲しい」と思うのか?

また、「欲しい」から「買いたい」に変えるにはどんな働きかけをしたらよいのか?

「また行きたい」と思ってもらうには何をしたらいいのか?

それを知って、実行することで、

お客様にとってのベストパートナーになることができます。

 

そうすることで、価格ではなく価値で選ばれるようになるのです。

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら