大げさなリアクションで接客しなくてはいけないの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


いつも大げさな
リアクションを
しなくちゃいけないの?

 

 

お客様とお話しをする際、
大げさにうなずいたり、
大きなリアクションをとることを
おすすめしている本をよく見かけます。

 

みなさんもそんな話を
聞いたことってありませんか?

 

でも実際はどうなのでしょうか?

 

私の経験上では、
そこまでする必要はないと思います。

 

あまりにも
オーバーなリアクションをすることで
場合によってはお客様の購買意欲を
低下させてしまうこともあります。

 

でも、その大げさなリアクションが
普通の対応よりも必要になる場面もあるんです。

 

それはどんな時か?

 

お客様が自分のコンプレックス
について話をした時です。

 

お客様は商品を選ぶ際に
コンプレックスをどうしたら
隠せるかを気にすることが多いです。

 

また、そういったお客様は
コンプレックスが目立つからとか、
コンプレックスが隠れないという理由で
購入をためらったりしてしまいます。

 

例えば、、

「太ももが太くて・・・」

「爪の形が変で・・・」

「背が低くて・・・」

 

など、
コンプレックスは人によって
本当に様々ですが、
多くの場合がそのコンプレックスは
お客様が気にされているほど
周りから見ると全然気にならないんですよね。

みなさんも、
周りの方のコンプレックスを聞いて
「言うほどそんなことないのになぁ」
と思ったりした経験ありませんか?

 

だからこそ、
お客様が自身のコンプレックスを
口にした際には

「全く気にならないこと」を声を大きめにしたり、
首を横に振ったりして、少し大げさに伝えてあげてみてください。

 

そんな心遣いが
お客様の悩んでいるコンプレックスが
和らぎ、購入へ踏み切る後押しになるはずです。

 

鈴木比砂江

PS
ただし!
周りに「反応が薄い」と言われる方は
他の場面でも大き目なリアクションをとることを
おすすめします。

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本