1文字で、印象が変わる!接客時にお客様に特別感を提供するワザ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


1文字で特別感を提供するワザ

 

 

今朝、自転車に乗って娘を保育園に送る際に、

後ろにいるはずの娘があまりにも静かなので
『もしや!
 乗せ忘れてきたのでは!?』と思い、
止まって確認してしまいました。

乗っていてよかったです^^

 

 

さて、
突然ですが、
想像してみていただけますか。

 

以前自分が接客したお客様が
また来店してくださり、
自分の顧客にできるチャンスがやってきた!!

 

でも・・・

 

あなたは別の新規のお客様を接客中です。

 

接客中のお客様をほったらかしにして、
リピーターのお客様のところへ行ってもいいのだろうか。。

でも、
今のお客様の対応をしていたら
リピーターのお客様が帰ってしまうかもしれない・・・

 

どうしよう。。

 

 

皆さんも
こんな葛藤を味わったことが
あるのではないでしょうか?

 

もしも、リピーターのお客様に
少し待っていただくことができれば
悩まなくて済みますよね。

 

ではどうしたら
お待ちいただけるでしょうか?

 

お客様に
「あなたは私の
 大切なお客様です」
という気持ちを伝えることができれば、
特別感を得ていただくことができ、
お客様の苦痛やガッカリ感を和らげることができます。

 

とはいえ、
接客中にその場を離れて
特別感を伝えることは難しいですよね。

 

そんな時、
たった1秒で特別感をお伝えする方法があるんです。

 

 

それは、
入店時に
「あ!」+「あいさつ」
をすることです。

 

あなたが普段何かをみて「あ!○○」と言う時は、
どんな時でしょうか。

 

ふいに知り合いに会った時や、
なじみのあるものを見つけた時のはずです。

 

これを接客でも使うのです。

 

リピーターのお客様がいらっしゃったら、

「あ!こんにちは。
 いらっしゃいませ」

と声をかけてみてください。

 

たった1文字「あ!」を付けるだけで、

『また来てくれたあなたのこと、わかっていますよ』

という想いを
お客様に届けることができるのです。

 

言われたお客様は、

『私に気付いてくれたんだ』

『前にも来たことを
 覚えていてくれたんだ』

と感じ、嬉しくなります。

 

そうすると、
あなたの手が空くまで
お客様はいい気分で待ってくださる
可能性がぐっと高まります。

 

さらに、
この「あ!」を自分のお客様だけでなく、
他の販売員のお客様に使うと、
『お店にとって大切なお客様』
という特別感を感じていただくこともできます。

 

以前に
見かけたおとのあるお客様には
たった1文字の「あ!」を使って
特別感を差し上げてみては
いかがでしょうか。

 

鈴木比砂江

PS
昨夜、
チョコをもりもり食べたところ手足がむくんでいます。

反省です。。。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本