お客様にとっての接客中の心地いいアイコンタクトとは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


接客中、お客様の目を
どの程度見たらよいか

 

 

前回の記事で
接客中は、
『あなたに向けて話していますよ』
というメッセージと、

商品や話している内容への
自信を伝わりやすくするために
お客様の目を見て接客をしましょう!

と、お伝えしました。

 

特に
商品説明をしている際には忘れがちなので、
重点的に!
ということも。

 

今回は、
その記事に引き続き、

”では、接客中って
 どの程度お客様の目を見て
 話をすればいいの?”

と、疑問を持たれている方に向けて。
 

この点についても、
けっこう質問をいただくんですよね。

 

その度に、
人によってつまずくポイントが
色々あることに気付かされます。

 

なお、
接客中の目を合わせる頻度や時間について
おすすめするのは、お客様に合わせることです。

 

お客様は
本当に様々な方がいらっしゃるので、
ずっと目を見て接客をして欲しい
という方もいらっしゃいますし、

 

圧迫感を感じるので、
そんなに見ないで欲しい
という方もいらっしゃいます。

 

大切なことは
お客様に心地よく接客を受けてもらうこと。

 

そのためには、
お客様に合わせることが大切だと思うのです。

 

とはいえ、
お客様ごとにどう変えてよいかわからない
という方も多いでしょう。

 

そこで、
私が実践していた方法をご紹介します。

 

その方法とは、
お客様から出されるサインで判断する
という方法。

 

まず、
こちらのスタンスとしては
しっかり目を見て接客をします。

 

そうすると、
お客様の反応は
たいてい2つのパターンに分かれます。

 

1つは、お客様も
じっとあなたの目を見続けて
話の受け答えをしてくれるパターン。

 

この場合は
目を見て話をすることを
好まれるタイプ

と判断します。

 

このタイプの方は、
あなたがちょこちょこ目を逸らす様子を見せると、

『自信がないのかな?』
『適当にごまかしているのかな?』と
不安に感じてしまうお客様が多いように感じます。

 

だから、
目を逸らさないお客様には
こちらも極力長い時間、
目を見て話す時間を設けること
をオススメします。

 

2つ目のパターンは、
こちらがしっかり
目を見て接客をしている途中で、

お客様の方から
目を逸らす傾向が見られる方。

 

このようなお客様は
ずっと目を見ていられると圧迫感を感じたり、
恥ずかしくなってしまうので
ずっと見られることが苦手だと感じるタイプ
判断します。

 

そのため、
こちらもずっと見つめるのではなく、
商品に視線を向ける時間を
意識的に取り入れて、
適度にお客様の目を見る。

 

ここでの
『適度』の度合に迷われる方は
「~なんですよね。」と、
文章にすると
『。』が付く部分で
お客様の目を見るようにする

ほどよい程度になります。

 

お客様にとって心地よく接客を受けてもらえることは
滞在時間のアップや、
こちらの話をしっかり受け入れてくれること
につながっていきます。

 

もちろん、
売上に結び付く確率も上がっていきますよ。

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本