会計時に使える、買ってよかったと思ってもらえる一言

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


あえて
”こそこそ話”を使う時

 

研修のため
千葉に向かっているところです。

 

記事を書き始めると
降り忘れてしまうこともあるため、
降りる1分前に携帯のタイマーをセット。

 

何度もやってしまうので、
少しだけ学習しました^^v

 

さて、今日は
あえて”こそこそ話”を使う時
をご紹介します。

こそこそ話って、
なんだか悪いイメージがありませんか?

 

誰かの悪口を言う時とか、
話してはいけない場で
密かに話す時に使うことが多いかと思います。

 

でも、接客では
いい形で使うこともできるんです。

 

それは、
会計のタイミング。

 

お客様が
お買い上げを決めた商品について

「実はこちら品切れが続いていて、
 2日前に再入荷したばかりなんです」

とか、

「実は、こちらの商品は
 うちのスタッフもみんな気に入っていて
 自分で買おうかと迷っていた者もいたんです。
 それくらい、毎日商品に触れている私たちから見ても、
 いいなって思う一点です」

「実は、こちらが最後の一点だったんです。
 気に入ってくださるお客様のもとへお渡しできて、
 私もうれしいです」

といった具合に、
お客様が『ラッキー♪』と思うことを
ちょっぴり小さ目の声で
こそこそ話をするように届ける。

 

そうすることで、
お客様の『買ってよかった』
という気持ちがより高まります。

 

お客様が購入するかどうかで終わってしまうのではなく、

せっかくお買い上げくださるのであれば、
より気持ちよく帰れるように、
こんなお手伝いも頭の片隅に置いてみては
いかがでしょうか。

 

鈴木比砂江

 

PS
あ、タイマーが鳴りました。
これから、電車を乗り換えます。

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本