売上を上げるチームワークの活用法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


売上につなげる
チームワークの活用法

 

最近、
チームの力を高めて
お客様の気持ちを掴んでいこう!

取り組まれるお店や企業が
多くなっていっているように感じます。

このテーマでご相談をいただくことも
以前より増えてきています。

今日は、以前に受けた
チーム接客を1つご紹介します。

ある洋服店に行ったときのことです。

そこは
自分で見て、自分で選んで買う、
いわゆるセルフサービスのイメージが
強いお店です。

店内を見て、
私はグレーのカットソーが気になり
試着してみようと思いました。

試着室のコーナーには
専任スタッフがいました。

そして、
試着室で着替えたときのこと。

「お客様、すいません」
と、試着室コーナーのスタッフの方が
声をかけてきました。

もそもそ着替えをしながら
「はーい」と返事をすると、

他のスタッフが
 お客様にぜひ合わせてみてもらいたい
 とのことでパンツを持ってきたのですが、
 試してみていただけませんか?」
と。

「他のスタッフが~」という
切り口で勧めてもらったのは初めてで、
その段階で接客マニアの私としては軽く興奮です(笑)。

もちろん、
新鮮な提案に私はそのパンツを試着することに。

とはいえ、
普段の私では絶対に、絶対に、絶対に
選ばないような短め丈のパンツです。

内心、
『いや~、これはないでしょ』と
思いながら着てみると・・・

 

ん!想像していたよりもいいかも!?
 

選んだカットソーにも合っている感じです。

試着室から出て
夫に見てもらうと
「たまにはそういう感じもいいんじゃない?」と。

ということで、
『わぁ~、新しい感じ♪』と
ウキウキしながらそのパンツも買うことにしました。

レジに持って行くと
一人のスタッフが
小走りで近寄ってきてくれました。

スタッフ
「そのパンツ、どうでしたか?」

私「いただくことにしました」

スタッフ
「よかったです!
 お客様に絶対似合うと思いました!」

このスタッフが
試着室のスタッフに
パンツを渡してくれた方だったのです。

私にとって
大満足で、学びの多い買い物となりました。

「他のスタッフが
 ぜひ合わせてみてほしいと言っているので」と、
お客様に声をかけることって、
図々しいと感じるかもしれません。

でも、私は実際に受けてみて
全く嫌な気分になりませんでした。

それよりも、
自分では出会えない商品に出会わせてくれたこと、

商品のことをよくわかっている
そのお店のプロに教えてもらえたことに

『いい買い物ができた~!』
という満足感でいっぱいになりました。

目の前のお客様に
真剣に接客をするだけではなく、

他のスタッフが
接客しているお客様を
まずは見てみることから
始めてみてはいかがでしょうか?

『あのお客様には
 こんな商品も合いそう』

というのが
見つかるかもしれませんし、

『お客様にすごく合っているのに
 不安そうな顔をしているので、
 私も一言だけ似合っていることをお伝えしにいこう』
と、
気付けるかもしれません。

あなたのお店の
チーム接客の参考になれば幸いです。

 

鈴木比砂江

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★26,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本