お客様として、こんな癖を持っている方は危険です

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


【危険】お客様として、
こんな癖はありませんか?

 

「安い商品ばかりしか売れないんです」

「どうやったら、
 高額商品も買ってもらえるように
 なるのでしょうか?」

 

こんな質問をいただくことも
多々あります。

高額な商品に
興味を持ってもらえるような接客をしたい。

でも、意識はしているものの
高額な商品がなかなか売れない。。。

こういう悩みを持つ方から
おそらく100名以上は話を聞いてきたと思います。

最近、ここに悩む方は、
ある共通点を持っていることに気付きました。

それは、接客中ではなく、
お客様として買い物する際に出てしまう行動です。

 

どういう行動かというと、
”真っ先に
価格のタグを見てしまう”

ことです。
 

例えば、あなたが
プライベートで着るための
シャツが欲しいと思ってお店に行ったとします。

その際、あなたは
どんな感じで商品を見るでしょうか。

『この色、きれいだなぁ。
 持っているパンツに合うかな?
 デニムには合うけど、
 ベージュのパンツには合わないかな?』

こんな風に考えながら
お店をまわっていたら問題ありません。

そうではなく、
いいも、悪いも考える前に
とりあえず、
『いくらだろう?』と思って、
価格のタグを見てしまう。

お客様として
これをしてしまう方は
高い商品が売れない方が多いです。

なぜなら、お客様として
価格のタグを真っ先に見る習慣は、
買うかどうかを、価格で判断する思考を育ててしまうからです。

今回のシャツの例であれば、
まず価格を見て、
『17,000円!高いっ!』と、思って
その商品から離れてしまったり、

逆に、
『4,900円。お!けっこう安い♪』と思い、
それから買うかどうかを検討することを
してしまう買い物思考になってしまいます。

そうすることで、

『商品の価値がどうか』

『私にとって、合うか』ではなく、

『価格が合うか』だけで
買い物をするようになってしまうんですよね。

それが、立場が変わって
接客をする際にも影響していきます。

 

『そりゃ、安い商品の方がいいよね~』と
思いながら接客をしてしまうんです。

 

すると、
言動に微妙な違和感が出てきて、
それがお客様に伝わります。

高い商品を売れるようになりたければ、
お客様として高い商品を
どんどん買ってみましょう!
とは、言いません。

でも、
お客様としてお店をまわる際に
真っ先に価格をチェックするのはやめましょう。

たったこれだけですが、
これをお客様として半年間続けるだけで

あなたは今より
確実に高額商品が売れるようになりますよ。

 

鈴木比砂江

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本