違和感がある会計時のタイミング~感じがいい会計のコツとは~

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


違和感がある
会計時のタイミング

 

 

みなさんのお話から
会計の時が一番お客様と話をしやすい、
ということをよく聞きます。
 

会計の時には、
『買ってもらえるかどうか』とか

『どんなことを質問したら
 提案につなげられるか』

といったことを考えなくてもいいため、
接客する方にとっても
気軽に過ごせる時間だからなのではないでしょうか。

”素”でいられる時間なのかもしれませんね。

でも、その分
本当にお客様のことを考えているかどうかが
行動に出てしまう場面
だとも感じます。

わかりやすい一つが
お釣りを渡してから、
購入してくださった商品を渡すまでの時間。

あなたはここで
何か意識していることは
ありますか?

ここでは3つのパターンに分かれます。

1つ目は、
お釣りを渡して

すぐに商品を
渡そうとする方。

2つ目は、
お釣りを渡して

お客様がお釣りを
お財布に入れたのを確認して

商品を渡そうとする方。

3つ目は、
お釣りを渡して

お客様がお釣りをお財布に入れ、

そのお財布を鞄に入れてから

商品を渡そうとする方。

要は、お釣りを渡した後に
お客様が商品を持てる状態になるのを
待とうとしているかどうかです。

おそらく、お客様は
明確に違いはわからないでしょう。

しかし、
1つ目の対応を受けた場合、
『なんか、急かされている』
と感じ、

2つ目の対応を受けた場合は、
『なんか、心地いい』
と感じるはずです。

ほんの10秒程度の違いです。

でも、せっかくお買い上げ
いただいたのであれば、
次回も来たいと思ってもらえるように

こういった小さいことも
大切にしていきたいですね。

 

鈴木比砂江

 

PS
私はお財布にお釣りを
しまっている際に商品を渡されると
あたふたしてしまうタイプです。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本