お店の雰囲気が抜群にいいお店を発見!雰囲気を高めるお店の取り組みとは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


抜群に動きのよいお店の秘密

 

さっそくですが、先日、
「おぉ!こんな取り組みがあるのか!」
と思ったお店についてご紹介させていただきます。

 

そのお店を見つけたきっかけは、
ご依頼いただいた店舗と競合店、近隣店を一通り観察後、
ちょっと疲れてしまったんです。

で、あるお店の前のベンチに座ったんです。

最初は何の気なしに
向かいのお店を見ていました。
 

でも、すぐに
引き込まれていきました。

 

なぜなら、
スタッフの方たちの表情と動きが
とてもよかったからです。

お客様の入退店時には
とっても気持ちのよいあいさつをして、
お客様が商品に手を触れたらすぐに声をかけに行く。

これだけ見ると
普通のことに見えるかもしれませんが、

なんとこれが
どのお客様にも徹底されているんです。

多くのお店が
徹底しているつもりなだけで、
全然徹底できていないんですよね^^;

 

でも、ここのお店は
もれなくどのお客様にも
爽やかな笑顔をキープして、声をかけているんです。

動きのよさと、

『なんでこれほど意識高く
 接客し続けられるんだろう?』

という思いで、
私は食い入るように見ていました。

すると、
女性スタッフがコクンと頷いて、
ササッと左右を見て
お客様に声をかけに行ったんです。

明らかに、誰かに
『近くのお客様に声をかけてきて』と
指示されている感じの素振りでした。

でも、すぐ近くにスタッフはいなく、
インカムなども付けていません。

なぜだろう?何をしているんだろう?と、
しばらく見ていると、
そのお店のあるルールに気付きました。

 

そのお店は、
休憩や後方業務などにスタッフが入り、
常に店頭には2人のスタッフがいます。

店頭にいる2人は
動きながら店内をまわっているのですが、
お互いがメッセージを送り合っているのです。

メッセージを送る方法は
パンッと小さく手を鳴らすこと。

1回パンッと鳴らすと、
「あなたの近くにいるお客様、
 商品をじっくり見ているから声をかけて」
というメッセージ。

鳴った音を聞くと、
スタッフは商品を整えている途中でも
サッと周りを見渡して、声をかけに行きます。

そして、
2回パンッパンッと鳴らすと
おそらく「あいさつを大きな声で」か、「笑顔で」の合図。

2回パンッパンッを聞いたスタッフは
決まってさらに笑顔で、大きな声であいさつをします。

 

といった感じで、
時々お互い伝え合っていたのです。

すごいなぁと思いました。

何がすごいって、
お互いに気付かせ合うことももちろんですが、

スタッフ間で
常に見られている状態をつくっていること

がすごいと思ったんです。

 

どうしても、
見られていないかもと思うと
「このお客様は買う気ないだろうから
 声をかけなくてもいいか」とか、

「お客様が入ってきたことに
 気付いてはいるけれど、
 たまには挨拶しなくてもいいか」と
怠け虫がニョキニョキッと顔を出してしまうんですよね。

でも、常に見られている、という
よい緊張感をお互いに与え合うことで、
意識も高く持ち続けられますし、

それを繰り返すことで
気付ける感度が高くなっていくのだと思います。

実際、パンッの合図をし合わなくても
それぞれのスタッフの視野はかなり広く、

タイミングをしっかりつかんだ
スピーディーな声かけを行っていました。

それはいいぞ!と思った方は、
ゲーム感覚でまずは1週間くらい
取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

鈴木比砂江

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本