接客中、お客様が話してくれたことを覚えておくための方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

一昨日は、
お客様に質問をして話してもらったことは
忘れちゃったら、質問している意味がないよー。

お客様からの話を覚えておけず、
忘れてしまう方は、
質問の数を減らしてしまうのも一つですよ。

といった内容をお届けしました。

今日は、
お客様の話を
なかなか覚えておくことができないのだけれど、
質問の数を減らしたくない。

という方に
おすすめの方法をご紹介します。

それは、
お客様の話の中の
キーワードを復唱することです。

例えば、
「いつから気になっているんですか?」と、
質問をして、

お客様が
「半年くらい前から」と
おっしゃったら、

「半年くらい前からですか」
復唱する。

自分の口で言うことで、
記憶に刻まれやすくなります。

とはいえ、
すべてのお客様の話に復唱していたら、
ちょっとうっとうしい感じになってしまうので、
そこは注意をしたいところ。

あなたが、
『これは、忘れたくない』と
思ったことを
復唱するようにするといいでしょう。

お客様からいただく言葉は、
提案にも、決定率アップにもつながっていく、
私たちにとっては宝物です。

聞き流してしまわずに、
まずは接客が終わるまでは
大事にあなたの中に
残しておける力を高めていきましょう☆

 

鈴木比砂江

 

PS
今日は、夫の誕生日です。

いつも自由な私を
あたたかく受け止めてくれる夫に
感謝を込めて、
お寿司を買って帰ります。

私好みのケーキも一緒に♪

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本