「イメージと違う」とお客様に言われた時の切り返し方

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

名古屋で研修が終わり、
大阪へ向かう新幹線の中です。

今夜は大阪で宿泊です。

今日の研修時の
プチロープレであるペアを見ていた時のことです。

お客様役が
見せてもらった商品に対して、
「なんかイメージと違う」と言いました。

洋服や、アクセサリー、時計やメガネなど
身に着けるものでは

お客様から出てくることの多い
言葉だったりするのではないでしょうか。

そう言われた時、
あなただったらどうしますか?

ちなみに、
私が見たスタッフの方は
「では、こちらはどうでしょうか。
 ○○で、△なので(商品説明中)~」と、
説明をしています。

終了後、
お客様役が感想を伝えました。

「説明もわかりやすいし、一生懸命がな感じがした。
 でも、イメージと違うと言った時に
 「どんなイメージをお持ちですか?」と聞いてほしかった」

と、言っていました。

私も同じことを感じました。

「イメージと合わない」と言われると、

焦ってしまって、
『次の商品を紹介しなくちゃ!』という
気持ちが湧きやすいでしょう。

でも、そもそも
お客様が持っているイメージを聞いてみないと

想像だけでは
お客様を知ることは難しいです。

もし、あなたも同じように
「イメージと合わない」と言われたら、

商品を紹介して
接客を進めていこうとするのではなく、
一度立ち止まって聞いてみましょう。

「どんなイメージを
 お持ちでいらっしゃるんですか?」
と。

この一言が
お客様のイメージに近づく大きな一歩となるはずです。

 

鈴木比砂江

 

PS
新幹線で寝るのが大好きなんですが、

名古屋から大阪は
近すぎて寝れません。。。残念!

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本