お客様に拒否されるのが怖くて接客できない方へ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

昨日は、暑くてしょうがなかったのに、
今日は一転、一気に肌寒くなりましたね~。

昨日は
企業先からの行き帰りだけで
「暑いよ~」と言っていたのに、

今日は
「寒いよ~」と嘆いています。

昨日と今日の間くらいの
気温がいいのになぁ~と、
都合のいいことを思っています。

 

さて、今日は
時々耳にする
「みんな嫌がるから」
ということについて
取り上げてみたいと思います。

たとえば、
アプローチの声かけについてご紹介すると、

「私のお店は
 声をかけるとみんな嫌がるから
 声をかけません」

とおっしゃる方が時々、いらっしゃいます。

以前の私でしたら、
「やり方を変えると
 お客様の反応は変わるはずですよ」と
言って、

その方に向けて私が接客をしてみて、
どう感じるかを伺うことをしていました。

そうすると、
『声かけの仕方によっては嫌な気分にならない』と
感じてくださるんですよね。

でも、先日
スタッフの方とお話をしていて
ふと思ったんです。

「みんな嫌がる」の「みんな」って、
どれくらいの割合なんだろう?と。

 

そこで、次の研修までの1か月間、

①自分から声をかけた人数

②「声をかけないでください」と
 拒否された人数

上記の2点を
カウントしてもらうようにお願いをしました。

1か月後、どんな結果が出てきたか・・・

「声をかけないでください」と
おっしゃったお客様は確かにいらっしゃいました。

 

でも、わずか2%だったのです。

100人に声をかけたら、
声をかけられるのを嫌がったお客様は
たった2人。

 

「この数字を見て、
 何か感じられたことはありましたか?」と
そのスタッフの方に聞くと、

「思っていたよりも全然少なかったです」と、
言っていました。

これは、
「みんな嫌がる」と
接客しようとしない方は大げさな人が多いんですよ!

ということを
言いたいのではありません。

どうしても、
嫌なこととか、
ショックなことの方がインパクトが大きいため、
そちらに目を向けてしまうんですよね。

私なんて、保育園の時に
やんちゃな男子2人組に
「顔が丸くて
 アンパンマンみたい」と
言われたんです。

今だったら
「正義の味方だ♪」と
笑って流せますが、

当時は、
ショックで、ショックで・・・

トイレでシクシク泣いたほどです(笑)。

そして、それからというもの
『きっとみんなも
 私のことをアンパンマンみたいだと
 思っているんだ』と、
思ってしまい、顔を見られるのが嫌でした。

その時は
たった2人に言われたこと。

それを
「みんなも思っている」、と
思い込んでしまっていたのです。

もし、あなたや
あなたのお店のスタッフが

「みんな嫌がるんです」とか、

「お客様はみんな
 そう言いますから」と言って、

積極的に接客をできない状況になってしまった際には、

ぜひ、「事実」を知るために
どれほどのお客様がそう感じているのか、
そう言っているのかをカウントしてみてください。

思い込みの枠から
抜け出すきっかけとなるはずです。

 

 

鈴木比砂江

 

PS
ちなみに、私の娘もまるっまるの顔です。

アンパンマンは
しっかり受け継がれました^^

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本