商品知識がないお客様に教えること、話すこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

暑いです!

家から駅まで歩くだけで
ぐったりしてしまいます。。。

つい先日、
『暑いど~』と思いながら
百貨店の中をぶらっとしていると、

扇子コーナーが目に留まりました。

04eaae8966fb7b8b84ab17134ae5bd6f_s.jpg

ちょうど時期的に
セールをやっていたこともあり、
『ちょっと見てみようかな』と思って、
売り場に近づいてみました。

申し訳ないですが、買う気はありません。

そしたら、やっぱり来ました。
女性スタッフの方が。

そして、
「今、お手頃なので
 いろいろ見ていってくださいね~」と、
言いながら、一つの扇子を出して見せてくれました。

「このピンクの感じ、
 お似合いになりそうですね~」って。

私は、うなづく程度でほぼ無視です。
(ごめんなさい)

すると、
「こういう感じで色があるものと、
 シンプルな木の感じがするものとでは
 どちらがお好きですか?」と、
質問がありました。

買う目的も持っていない私は
素っ気なく、
「特に好みはありません。
 ただ、見てみただけなので・・・」
と、答えました。

すると、そのスタッフの方は

「だったら、色々見てみてください♪
 柄によって、見え方が全然違いますから」

と言って、
どんどん出し始めたのです。

「まずは、たくさん見て、
 好きな感じの柄を3つくらい
 選ぶといいですよー」

と、言いながら。

いつの間にやら、私は
そのスタッフの方から一つずつ渡される扇子に

「かわいいですね♪」とか、

「これはあまり好きな感じではありません」
と、感想を言いながら見ていました。

そして、3つほど
好きな雰囲気が決まったら、

「次は、開いて風を感じてみてください。
 強い風、柔らかい風と、
 素材や形によって風も違いますから」

と教えてくれました。

私は言われた通り、
それぞれの扇子をパタパタしてみて、
風を感じながら、

『本当だ!風の感じも違うかも』

と、思いながら

いつの間にやら
買う扇子が決まっていました。

今回、私がスタッフに教えてもらったことは、

①まずは、好きな柄を選ぶ

②その後に、風を感じてみて
 好みの風を出す扇子を決める

この2点です。

全然知識がわからないお客様には
『選び方』を教えて差し上げる。

そうすることで、
お客様は
自分で選んだ感覚を持ちながら
商品を決めることができることを
身を持って感じました。

あなたが扱っている商品は
どうやって選んでいけば、
お客様にとって満足いく一点に
たどり着けるでしょうか。

一度、考えてみては
いかがでしょうか。

 

 

鈴木比砂江

 

PS
こんな感じで
また買い物をしてしまいましたとさ♪

 


1日で売れるポイントと、
自分の課題を知れる

販売力アップ!
  1day接客セミナー

受付中!残席わずかです!

 ↓ ↓ ↓

http://bijou-life.com/seminar/