衝動買いした「ダシ」から学んだこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

一昨日から、夏休み満喫中です♪

いっぱい昼寝をして、日焼けをして、
のんびり過ごします。

 

さて、
先日、ショッピングセンターへ行った時のこと。

ある専門店で
かつおダシの試飲を行っていました。

私はいただきました。

とってもおいしかったです。

そして、「ごちそうさまでした」と言って、
その場を去りました。

その後、食料品を買っている売り場で
またもや試食の場に遭遇。

そこでは
野菜炒めを配っていました。

私と娘はありがたく試食を。
 

2aae18727534dea64a47c7c01078107b_s.jpg

『この野菜炒めの中に入っている
 何かの野菜を紹介したいのかな』

そう思いながら食べてみると
『すごくおいしい!』

すると、試食担当の方が
「おいしいでしょ?
 実は、味付け
 このダシを使っているんですよ~。

 このダシにね、
 しょうゆをちょこっとたらすと
 出来上がり。

 簡単で、お子さんも
 たくさん野菜を食べてくれますよ」と。

私は
『うわ~、便利!』と思って、
迷わず購入しました。

で、思ったんです。

『きっと、さっきの専門店で飲ませてもらったダシも
 同じように使ったら、
 おいしい野菜炒めができるんだろうな』と。

でも、その時
ダシを飲ませてもらった時はおいしかったけれど、
「欲しい」とか「買いたい」
などの気持ちは全く湧きませんでした。

でも、こちらは即決できた。

両者は何が違うのか。

最初の専門店はダシそのものを
飲ませてくれるだけでした。

違いのわかる人であれば
一口飲めばそのすごさがわかるのかもしれません。

でも、なんちゃって主婦の私には
わからなかった。

一方で、後者の試食コーナーでは、
ダシそのものの味はわかりませんでした。

でも、興味を持って、
買ってしまった。

それは、
『使い方』を教えてくれたからです。

『こう使えばいいんだ!』が
具体的にイメージできたので、

『私にも使えそう♪』と思ったのです。

どんなにいい商品であっても、
お客様が『使えそう』と思えなければ

それは、お客様の目には
魅力ある商品だと映らないのです。

だからこそ、
私たちは、商品のよさだけではなく、

その商品をお客様の生活の中で
どう使ったらいいかを教えて差し上げる。

お客様が
使い方を知ることは、

欲しいという気持ちが高まることに
つながっていくはずです。

 

 

鈴木比砂江

 

PS
恥ずかしながら。。。
社会人になるまで、
『出汁』は、『だし』とは読めず
『でじる』だと思っていました。。。(笑)

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.