接客中、聞いたかもしれないことをもう一度質問するのは失礼?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

一昨日は、
以前募集をした
第2回目の講師ビジネス実践講座でした。

フリーの講師として
やっていきたい方向けの講座。

c8e22b09af24a7af052038ba4cc9a4b0_s.jpg

早くもグループ内で活発な意見が飛び交っていて、

ここまで白熱するなんて!と
私自身がみなさんのやる気に毎日刺激をいただいています。

今後が楽しみ♪

 

さて。

先日、研修中に
グループ内でボソボソと
こんな話をしている2人がいました。

一人が
「お客様と話をしているうちに、
 最初に聞いたかどうかを忘れちゃって、
 質問してみたくても
 『さっき聞いたかな~どうだったかな~』と
 思うことって多くない?」

すると、その人と一緒に話をしていた方が
「わかる!わかる!」と、同調しています。

ダンボな耳の私は
すかさず
「そういう時、どうするんですか?」と
聞いてみました。

すると、2人とも
「もし、さっき聞いていたら
 同じこと聞くことになって失礼だから聞かない」 
と。

私はさらに、

「もしかすると、その質問の回答が
 提案につながる決定打になるかもしれないじゃないですか?」

と聞いてみると、

「でも。。。
 それで気分悪くされたら・・・」
 と。

あなたも同じような経験があるでしょうか。

私は自分自身の経験を振り返るとありますね~。

特に何日も出勤が続いて
お疲れモードだったり、

逆に、店頭が落ち着きすぎていて
久々に接客した時などにも
頭がぼーっとしているためか、たまにあるんです。。。

よくないことですけどね。

そんな時、私だったら・・・

聞いてしまいます。

「もし、先ほど聞いていたらすいません」と、
一声添えて、質問をします。

そうすると、
嫌がられることはまずありません。

毎日接客していれば、

「あれ?このお客様に●●について聞いたかな?」と

思うことだってあると思うんです。

そんな時、
たとえ、もう一度同じ質問を
することになったとしても、
それは決して悪いことはないと思います。

ただ、
『先ほど聞いたかも』と思いながら、
知らん顔で同じ質問をするのは
お客様もあまりいい気分はしないでしょう。

そう感じたのであれば
その旨を正直に添えてから質問する。

こんな小さなことが
お客様の気持ちに影響したり、
距離を縮めるきっかけと
なるのではないでしょうか。

 

鈴木比砂江

 

PS
まだ暑いのですが
涼しい時間帯も多くて、
服に迷う季節です。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本