購入を迷うお客様の心理にはこんなものもある

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

かぼちゃがおいしい季節なので、
かぼちゃを食べまくっています。

7419218393b9e2a2562cddb43accda31_s.jpg

かぼちゃの煮物も大好きですし、
かぼちゃパン、かぼちゃプリン、
かぼちゃモンブラン、かぼちゃアイス、

『かぼちゃ』が付くものは大好きです。

かぼちゃって、
カロリー高そうじゃないですか。

甘いし。

だからね、食べる度に
心の中でいつも思うんですよ。

『太っちゃうかな~』

『今日はやめた方がいいのかな』 と。

でも、そう思った後に必ず思うんです。

『でも、大丈夫!だって、秋だもん♪』

『今が旬だもん♪』て。

そして、食べることに許可を出しています。
(ただ、自分に甘いとも言う)

私はこれと同じ感覚を
買い物にも感じます。

『これ、気に入っているんだけど、
 別になくても困るわけでもないんだよね』

『いいと思うけど、
 今月買い物しすぎているから
 やめておいた方がいいのかな』 

でも、こう思う時って
決まって

本音は『買いたい』んです。

買い物することに
ちょっぴり罪悪感を持っている自分に
揺れているだけ。

だから、こういう時に
店員の方から

「似たものでも、
 2点あると交互に使えるので
 きっと長持ちしますよ」

とか、

「買おうと思っていない時に
 ピンとくるものって、
 きっと本当に合う一点なんでしょうね」

などと言ってもらえると、

『ですよね~^^』と思って、
気持ちよく購入に前進できます。

自分にとって、
買う『言い訳』ができるのです。

お客様にとって
都合のいい言い訳を差し上げる。

これも、お客様が気持ちよくお買い物ができる
大きな要素になるのではないでしょうか。

 

 

鈴木比砂江

 

PS
今時期は
さつまいもも大好きです♪


1日で売れるポイントと、
自分の課題を知れる

販売力アップ!
  1day接客セミナー

受付中!残席わずかです!

 ↓ ↓ ↓

http://bijou-life.com/seminar/