商品を見せる順番でお客様の価格へのイメージが変わる!?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

お店に並ぶチョコの数が増えてきたせいか
最近、チョコ離れが進んでいたのに
またいつも鞄の中にチョコが入っている状態が続いています。

やっぱりおいしいです^^

さて。

先日、こんな質問をいただきました。

「鈴木さんは商品を見せる順番って、
 何か意識していますか?」

例えば、
あなたが帽子を扱っていて、

8,800円の帽子と、
3,980円の帽子があったら、

どちらから
お見せするでしょうか。

何か意識している点はありますか?

なお、私は
絶対にいつもそうしている!
というほどではありませんが、

高い商品安い商品

この順番で紹介することが多いです。

なぜなら、最初に見た商品が
お客様の中での”基準”となってしまうからです。

例えば、
あなたがお昼にふらっと
カレー屋さんに入ったとします。

無意識に

『おいしいなぁ』

もしくは、

『イマイチだなぁ』

と、感じるはずです。

じゃあ、この『おいしい』とか
『イマイチ』という感情は
どこからくるかというと・・・

それは、
以前に食べたカレーの味と比較をしているからです。

74059d6295e805f9be5e49deddab8f60_s.jpg

「(前に食べたものより)
 おいしいなぁ」

「(前に食べたものより)
 イマイチだなぁ」

私たちは、無意識の中で
日々比較をして過ごしてします。

「高い」「安い」も
実は、”以前見たものに比べて”
高い、安いと判断していることが多いです。

だから、最初に安い商品を見てしまうと
お客様はその価格が基準になってしまいがちです。

その後に、
それよりも価格の高い商品を見ると
途端に『うわー!これは高い!』と感じやすい。

それに比べて
最初に高い商品を見てしまうと、
『うわー!高い!』と思ったとしても、

その後に
価格を抑えた商品を見ると
『お!こっちはかなり安い』と、
お得感を抱いてくださりやすいです。

お客様からよく
「高いね~」と言われてしまう方は
このちょっとしたテクニックで、

お客様の「高い!」の気持ちが
湧き上がるのを抑えられるかもしれません。

 

鈴木比砂江

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本