お客様が悩んだ時のあと一歩の後押しの方法

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

電車で
近くにいるカップルが、
なんだか険悪な雰囲気です。

8b71df3d131c52b52645eb6bd3c48aa2_s.jpg

彼が、

「俺だって、
 一生懸命やっているのに売れないんだよ!」

と、嘆きながらキレています。

そして、彼女が

「そのやり方で売れないんだったら
 もっと違うやり方考えなよ!」

と、キレ返しています。

鈴木家の夫婦は、
お互いの仕事の仕方に意見したりはしないので、

なんだか新鮮な感じで
耳をダンボにして聞き入ってしまいました。

どうやら、彼は販売員のようで、
今の売上だと契約は更新しないと
言われてしまったそう。

話を聞いていると、
どうやら、商品の説明をして、
検討してもらうところまではいくのだけれど、

「ほかも見てからにします」と、言われてしまうのだそう。

彼女と話す彼の様子から、
きっとマシンガンのように
息をつく暇もないくらいに
話すんだろうなぁ 
と想像がつきます。

そして、彼は
「うちの商品が高すぎるんだよ!」と、
またまたキレています^^;

今にも暴れだしそうな雰囲気に
後半は少し怖くなってきてしまいました。

彼の興奮っぷりは
尋常ではありませんでしたが、
店頭ではよくあることですよね。

こういう時は、
”どうしたら言いくるめられるだろうか”

と、そこに頭を使うのではなく、
まずは、こう声をかけてみるといいです。

「もう一度、試してみましょうか」 と。

このフレーズだけでは
心細いようであれば、

「もう一度、試してみましょうか」と
言った後に、

「何度も試してみることで
 本当に合うかどうかが
 見えてくると思いますよ」 
と、
添えるといいでしょう。

言葉だけで
お客様の頭に働きかけ続けるのではなく、

体で感じてもらう要素も盛り込む。

それだけで
お客様の気持ちが前進するきっかけが
つくれるはずです。

 

鈴木比砂江

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら