販売員で、自社の商品が好きになれない方へ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

先日、あるお洋服店に
立ち寄った時のこと。

色々見ている中で、

『このデザインはないでしょ~』

そう思ってしまう柄のブラウスがありました。

『あれを選ぶ人は
 さすがにいないだろう』

そんなことを心の中で思いながら
店内のほかの商品を見ていたところ・・・

その、ありえないと思った
ブラウスを手に取っている
お客様がいたのです。

私は内心、

『あのお客様も、
 同じようにありえないと思って
 思わず手に取ってしまったんだろうな』

そう思っていました。

すると、近くにいたスタッフの方に
ポツリと言ったんです。

「おしゃれですね」 って。

『えーーー!
 それをおしゃれと言うの???』

と思いましたが、
試着をされたそのお客様は
お世辞抜きでとってもおしゃれに
着こなしていました。

似たようなことは
店頭で接客をしていた時も
よくありました。

『そんなデザインの鞄、
 誰も持たないでしょ』

そう思うものも、
試しにお客様にお見せしてみると、
「うわー!かわいい!」と
反応される方もいらっしゃるのです。

しかも、
けっこうな割合でいらっしゃるんですよね。

そういう経験を
何度か重ねることで、
私の中で出てきた感覚があります。

それは、

私の価値観と
お客様の価値観は同じではない。

ということです。

36bc6f9934cfec52b560e9362d5be8bc_s.jpg

友達と一緒にいて、
街ですれ違った人を見て、
「あの人、かっこいい!」と言っても

「本当だ!」という友達もいれば、
「そう?私はそうは思わない」と言う
友達もいるでしょう。

それと同じ感じです。

セミナーや研修に行くと、

「そもそも、
 うちの商品が好きじゃないんですが…」

とか、

「そもそも、うちの商品で
 お客様がよくなるとは
 私は思っていないんです…」

という相談をいただくことがあります。

今日、明日で
そう簡単に自社の商品を好きになることは
難しいかもしれません。

(私も、好きになれない商品も
 ありましたしね)

でも、そんな時には
『好きじゃない』という気持ちを
いったん横に置いて、
こんな問いかけを
自分にしてみてください。

『この商品は
 どんなお客様に合うだろう』

『この商品は、
 どんなお客様の役に立つだろう』

あなたが好きじゃない商品であっても、
その商品を手にして
喜ばれるお客様は
必ずいらっしゃいます。

そして、そのお客様は
どんな人かを考えることは
私たちの大切な仕事ではないでしょうか。

 

 

鈴木比砂江

 


ありえないと思っていた
ブラウスだったのに、
他のお客様があまりにも素敵に
着ていたので、
私も着てみたくなりました☆

嫌い⇒興味を持つように変わるのは
意外とちょっとしたきっかけなのかも
しれません。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本