接客しても、売れない理由

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

最近、個別に接客指導をする機会が多いです。

扱っている商品は様々ですが、
みなさん、思いは一つ。

『もっと売れるようになりたい』

そんな思いを持った方たちの
接客指導をする中で
2割ほどの方に見える
ある傾向を見つけました。

お買い上げにつながらない
とてつもなく大きな要因です。

それは、
商品の説明をひとしきりしたら、
スタッフの方から、
「では、考えてみてください」と、
帰してしまうこと。

最初、この接客を受けた時は
衝撃的でした。

内心では
『どっちにしようかな』と
考えているところだったにも関わらず、

「では、考えてみてください」と、
ものすごく爽やかな笑顔で
帰されてしまう。

そうすると、
絶対今日買うぞ!と
決めているもの以外は
「今、買いますよー」とは
なかなか言いにくいものなんですよね。

スタッフの方が帰そうとするのは
悪気があるわけではなく、
『押し売りをしたくない』と
思っていたり、

お客様が最初に言った
「今日は見に来ただけだから」
という言葉を
信じているからです。

7f522e2575a209097f62ab85aa2b2762_s.jpg

でも、
最初は買う気がなくても、
商品を見るうちに、また話を聞くうちに
欲しくなることなんてよくあることです。

押し売りする必要はありませんが、
お客様の『買おうかな』という
気持ちを奪ってしまうのは
お客様も残念ですし、
接客をしている私たちにとっても
売り逃しにつながってしまいます。

ですから、
もし、「帰って考えてみてください」と
言いたくなったら・・・

その時は、
「こちら(商品)、
 どう感じられますか?」と、
商品への感想を聞いてみるといいです。

そしたら、お客様が
「いいよね。もらっていこうかな」と、
自身の気持ちを話すきっかけが
生まれます。

あなたがお買い上げにつながらないのは、
あなたから帰してしまっているからかも
しれません。

そうかも、と思われた方は
帰す前に一度
商品の感想を聞くことを
大事にしてみてください。

たったそれだけで
お買い上げ率が高まる方がいるはずです。

 

 

鈴木比砂江

 


今日は福岡に来ています。

思っていた以上にあたたかくて、
もう少し薄手のコートにすればよかったです。

花粉症は嫌ですが、
あたたかくなってくるのは
うれしいです♪

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本