接客しても売れないことが続く時の対処法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

福岡での研修を終え、
帰りの機内で書いています。

終了後、うれしいことに
たくさんの方が質問をしてくださったのですが
語尾に「~したけん」と使っている方がいて、
モーレツにかわいかったです。

さて、
色々質問をいただいた中で
こんなことを聞かれました。

「数字を取らなくてはいけないことは
 わかっていますが、
 どうにも全然取れなくて
 どうしていいかわからなくて
 苦しくなってしまいます。

 鈴木さんは
 そういうことがなかったかもしれませんが、
 そんな時はどうしたらいいんでしょう?」 と。

いやいや、いやいや、
私も『どうしてこんなに売れないんだ!?』と
思うほど
接客しても、接客しても
売れない時、ありましたよ。

『これは神頼みしかない』と思って、
仕事の帰りに神社に寄って
お祈りしたこともあります(笑)。

でも、焦っても
神頼みをしても
何も変わりませんでした。

私の場合、こういう時に
一番効果があったのは、
売上を横に置いてしまうことです。

これは、
何もしない、というわけではありません。

売上の目標ではなく、
行動の目標を立て、
それだけを意識しました。

18f14b336f93cddc1653e8ccc04a9ebf_s.jpg

例えば、
”今日は◎◎万円売る”とは考えず、

”今日は、
 お客様が使っている商品についての感想を
 5人から聞き出す”

とか、

”新商品を今日一日で
 3人には触ってもらう”

とか。

ここでのポイントは
数字を入れて
行動目標を立てることです。

”今日、とにかく頑張る!”では、
何をどれくらいやるのか
自分でも全然わからないですからね。

本当に売れなくて
このままだと接客が
嫌いになってしまうかも、と
思った時には

”今日、1回は
 自分が楽しく笑える会話をする”

なんていう行動目標を
掲げたこともありました。

でも、そうして
行動目標を達成することで
プチ達成感を味わえて、
落ちていた気持ちが
戻るのが早くなりました。

人によっては
そういう時こそとにかくたくさん声をかけて
接客数を重ねることで戻れる。

という方も入れば、

売上を立てることを
諦めてしまうことで
リラックスして接客に臨めて、
ペースが戻ってきやすくなる。

という方もいらっしゃいます。

売上が落ちてしまった時の
上がり方に
正しいやり方なんてありません。

ぜひ、色々試してみて
あなたに合うやり方を見つけてみて
いただけたらと思います。

 

鈴木比砂江

 


昨日は、講師養成講座の最終日でした。

いやー、涙腺が崩壊しました(笑)。

最終回ということでの寂しさや、
出会えたことへの感謝や、
みなさんの変化への感動などなど、
いろんな思いが込み上げてきて
何の涙かはわからなかったです。。。

私もたくさんの刺激をいただき、
高め合えるメンバーと時間を過ごせて
楽しかったです。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本