接客時に在庫がラスト一点の時の紹介の仕方

Share on Facebook
Share on LinkedIn

お店にぶらっと入った時のこと。

春らしい可愛いポーチを見つけました。

『化粧品を入れて使おうかな♪』
そう思って手に取ったら、
スタッフの方が近づいてきました。

そして、申し訳なさそうに、
切ない表情と、低い声のトーンで

「もうこれ1点しかないんですよね…」

そう言いました。

私もつられて、
切ない表情と、低いトーンで
「そうなんですね…」と
残念に感じて、お店を後にしました。

『残念だったなぁ。
 かわいかったのに』

そんな風に思いながら歩いていたところ
20歩ほど進んだところで
ふと思ったんです。

『はて?
 残念なことだったのかな?』と。

いいと思う商品に
最後の一人として
手に取ることができたら、

それって、
むしろラッキーなことなのでは
ないでしょうか。

e5fe39c75c467fa2401a815154dd17df_s.jpg

もし、声をかけられた時に
ウキウキした表情で、明るいトーンで

「そちら、最後の一点なんです♪
 次は、いつ入ってくるかわからなくて…

 お似合いになる方に
 見てもらえて、よかったです♪」

そんな風に言われたら、

「本当に?ラッキー♪」と思って、
私はルンルン気分で
そのポーチを
レジに持っていったことでしょう。

在庫が少ない商品は
悪いことではありません。

その商品に出会えたお客様は
ラッキーなんです。

ラッキーの演出ができるようになれば
少ない在庫の商品は
今よりもっともっと売れるはずです。

ぜひ、大切にしてみてください。

 

鈴木比砂江

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.