回転寿司で受けた感動のサービス

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

娘は回転ずしが大好きです。

お寿司がまわっている光景を見るのが
たまらないようです。

中でも娘の
大のお気に入りの回転すしは
お皿を5枚入れたらゲームができるところ。

行ったことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

ゲームで当たった景品を
大切にしている様子は
全く見られないのですが(笑)、

あの『当たるかな?外れちゃうかな?』
という感覚が
楽しいんでしょうね。

一皿100円で、
あんなに喜んでくれたら
親としてもうれしいです。

c91ee3733e81016b53d4f74ddd8574c6_s.jpg

で、つい数日前にも
行ってきたんです。

場所は、
空調のすぐ近くでした。

席に着いた途端、
『寒いっ!』と思いました。
(冷房の下の席でした)

我慢しようかと思いましたが、
震えてしまいそうな寒さだったので、
男性の店員の方に声をかけました。

「冷房がきついので、
 もう少し温度上げてもらえますか?」

すると、
「かしこまりました」と言って
去っていきました。

それから、3~4分後。

相変わらず寒くて、

「忘れてて、
 温度上げてくれていないんじゃないかな。
 もう一度言おうかな」

そうブツブツ言っていたところ、

ちょうどのタイミングで
先ほどの男性の店員さんが
いらっしゃいました。

「今、温度を上げたので
 もう少ししましたら
 あたたかくなってくると思います。

 もし、まだ寒いようでしたら
 お気軽にお申し付けください」

丁寧な対応に驚きました。

だって、一皿100円の回転すしに、
そこまでの対応は
期待していませんでしたから。

その後、デザートまで食べて
おなかパンパンになって
帰ろうと立ちあがった時、

またもや
先ほどの男性の店員の方が
声をかけてきました。

店員「温度は大丈夫でしたか?」

私「はい」

店員「よかったです。
   ありがとうございました。
   またお待ちしております」

私は思わず、
「気にかけていただき、
 ありがとうございました」 と
お礼を言いました。

そして、なんとも言えない
うれしい気持ちで帰りました。

娘も
「あのお兄さん、やさしい人だね」と
言っていました。

男性の店員の方は、
こちらから声をかけてから
2回、気にかけて声をかけてくれました。

気にかけ続ける

それって、一つのサービスだと
感じた時間でした。

お客様の心をつかむために、
プレゼント商品を企画するのも一つです。

ですが、
『気にかけ続けること』

これって、私たち
人だからこそできるサービスであり、

お客様の心に沁みるサービスと
いえるのではないでしょうか。

同じ内容を
動画でも話しています。
動画好きな方はこちらをご覧ください^^
↓ ↓ ↓

 

接客販売とは何だろう?
再来店につながるサービスって
何だろう?と、

学んでみたい方は
ぜひ、こちらにいらしてくださいませ。
↓ ↓ ↓
http://ureru-sekkyaku.com/?p=2331

 

鈴木比砂江

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本