接客 話が長いお客様への対応の仕方

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

先日の研修中に
こんな質問をいただきました。

 

「お客様の話が長すぎて、
 申し訳ないとは思いつつも
 終わらなきゃいけない時って、
 どうしたらいいですかね?」

 

これは、
接客をしていたら
誰もが経験をされたことがあるのでは
ないでしょうか。

 

理想としては、
お客様の話を親身に聞き続けることでしょう。

 

ですが、
店頭人員に余裕がある時でしたら
問題ありませんが、

店頭にはあなた一人だけ。とか、
他のスタッフが全員接客中の時には、

他のお客様がいらっしゃったのに、
そのお客様を放っておいて、
ずっと聞き続けるわけにもいきません。

 

そんな時、
あなたはどうされているでしょうか?

 

ここでのポイントは
いかにお客様に不快感を与えずに
話を切り上げるか
重要になります。

 

そのポイントを
動画でお届けしています。

 

下記からご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓

 

 

なお、
『私は、あまり話をするお客様に
 当たらない』

そう感じる方は、
お客様から話を引き出すことが
苦手なのかもしれません。

そんな方は、
こちらもぜひ参考にしていただけたらと
思います。

売上が伸びる話し方

 

 

鈴木比砂江

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本