客単価を上がらない方へ 客単価アップの近道は「もっと」の追求

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

今週伺っている企業は、
服・メガネ・車・映画と
扱っている商品やサービスが
様々です。

 

それぞれの企業の考え方があり、
そこで働く方たちのキャラクターがあって、
それらが生きるようにしていくためには
どういう接客をしていったらいいか。

 

そんなことを考えながら
みなさんと進めていくのは
とても楽しいです。

 

さて。

 

最近、

「客単価アップが苦手なんです」

そんな悩みを聞くことが多いです。

 

でね、
詳しく話を聞いてみると
客単価が上がらないと悩む方たちの
ある共通のポイントを見つけました。

0569bf22b18b039da73b78a647f0f89c_s.jpg

それは、
『客単価を上げなくてはいけない』
という思いが
一番にきていること。

 

だから、
「これも一緒にどうですか?」
と、一方的に商品を勧めてしまうんです。

 

では、どうしたらいいか。

 

お客様の「もっと」を高める
お手伝いをしよう!と
思うことをおすすめします。

 

服を扱っているのであれば、
お客様が選んだブラウスが

『もっと素敵に着こなせるような
 スカートやパンツ』を紹介する。

 

キッチン用品を扱っているのであれば、
フライパンを選ばれたお客様に

『かける時間を増やさなくても
 もっと食卓が彩られるような
 簡単に調理できる道具』をご紹介する。

 

インテリア店で
カーテンを選ばれたお客様には

『カーテンを開けている日中も
 部屋がもっとおしゃれに見える
 アイテム』をご紹介する。

 

このように
お客様がよりよくなる「もっと」
考える。

 

そうしたら、
そのプラスの商品を紹介する際にも

「ご一緒にこちらもどうですか?」

ではなく、

「こちらを置いていただくと、
 カーテンを開けている日中も
 おしゃれなお部屋を
 楽しんでいただけます」と、

その商品があることで
よりよくなるよってことを
お伝えしやすくなるはずです。

 

お店で扱っている商品やサービスって、

お客様に
より快適な日々を
過ごしてもらえるように。

 

より毎日が楽しくなるように。

 

より気持ちよく暮らせるように。

 

そんなことを考えて
つくられているはずです。

 

だから、そこを一番に
届けられるように、

お客様の「もっと」に
つながる商品をご紹介する。

 

それが客単価アップに
つながっていくのではないでしょうか。

 

 

鈴木比砂江

 


販売力アップセミナーは
満席となりました!

お会いできるみなさま、
楽しい時間にしましょう^^

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本