売れる話し方と、上手に話しているのに売れない話し方

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

福岡からの帰りです。

 

昨日は大阪でセミナーだったのですが、
終了後に何名か
感想や質問を届けに
近づいてきてくれました。

 

その中の
お一人の質問で

「お店で売れている人と同じように
 話しているつもりなのに
 売れないんです」

という方がいらっしゃいました。

 

そこで、
「どんな風に
 紹介されているんですか?」と
商品紹介トークを聞いてみたところ…

 

確かに興味が持てない。。。><

 

別にトーク自体が悪いわけでは
ないんです。

 

でも、文章を読んでいる感じで
入ってこないんです。

 

なんて表現したらいいんでしょう。
棒読みのような感じなのです。

 

そのため、
「(あなたは)その商品の
 どんなところが素敵だと
 感じますか?」
聞いてみたところ、

 

途端に
イキイキとした表情と声で
話をしてくれました。

 

そこで、商品の紹介トーク
変えることを提案しました。

 

どう変えるかというと、

「私がこちら(商品)の
 最もすごいと感じる点は~」

から話し出すことです。

 

なお、その場で
すぐにトライしてみてくださったのですが、
「話しやすくて、
 自然に気持ちが込められます」
言っていました。

 

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s.jpg

なぜ、修正したものの方が
イキイキ感が出たのかというと、

 

①自分が思っていることを、
②自分の言葉で
伝えているからです。

 

好きな人に「好き」と言うのと、
全く興味のない人に「好き」と
言うのとでは、

伝わる気持ち
きっと全然違うはず。

 

それと同じように
商品を紹介する際には、
どんな言葉を並べるかも大事ですが、

 

それ以上に
接客する人の思っていることが
一番伝わりやすいトークです。

 

もし、
上手に話しているはずなのに、
お客様が興味を持ってくれない。。。

 

そう思うことが増えてきたら、
「私がこちら(商品)の
 最も素敵(すごい)だと感じる点は~」
と、話し出してみては
いかがでしょうか。

 

飾られた言葉じゃないかもしれませんが、
その方がきっとずっと
お客様に届く言葉となるはずです。

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本