いい人から、売れる人に変わる方法

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

セミナーや研修後のアンケートには
必ず目を通しますが、

以前、こんなコメントをいただきました。

 

「鈴木さんの
 お客様を大切に思う気持ちと、
 売りにいくという
 2つを持っている
 あざとさが好きです」 と。

6df9469465df0ce4267898f905351e8c_s.jpg

”あざとい”とは、
抜け目がない、とか、計算高いという意味で
使われることが多いようです。

 

なお、そのコメントを見た際には
不快感は全くなかったです。
(語尾に、「好きです」と添えてありましたしね^^)

 

むしろ、
『”あざとい”という表現が面白いなぁ』 と、
ニヤッとしてしまいました。

 

ちなみに、私の本心は
どう考えているかというと・・・

 

売れることを一番に考えています。

 

サポートする企業に入る際にも、
この企業はどうしたら売れるだろうか 
しか考えていないですし、

セミナーで
個別にアドバイスする際にも、
この方はどこをどう変えれば今より売れるか
という点しか頭にないです。

 

で、売れるためには?と
考えると、

お客様のことを大切にしないと
売れ続けることはできないと
考えています。

 

好きな人に喜ばれる食事を作るには、
まずはその人の好みを知らないと
いけないですもんね。

 

とはいえ、
大切にするとは
お客様の言いなりになろう!という
ことではありません。

 

そうではなくて、お客様に

■感じよく迎えてくれた

■自分に関心を持っていることが伝わった

■共感してもらえた

■「信頼できそう」と、
 安心感を抱くことができた

■商品に期待感を持つことができた

■商品を使うシーンをイメージできた

■よりよく使う方法を知れた

■納得できた

といった気持ちを感じて接客を受けてもらえること。

 

それが、今日の売上になって、
再来店にもつながる思っています。

 

だから、もしあなたが
”お客様にとっていい人になろう”
という思いを最も大切にして
接客をしているのに、

思うように売れないよ~と、感じるようであれば

2ヶ月だけでいいので、
”売れるためには
 どうしたらいいんだろう?” 
と、考えてみてはいかがでしょうか。

 

それが、あなたを
いい人から売れる人に変えてくれる
きっかけになるかもしれません。

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら