話しかけるなオーラを出しているお客様への対応

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

姫路に向かう新幹線の中で書いています。

 

先日、店舗を訪問した際に
あるスタッフの方からこんなことを聞きました。

 

「話しかけるなオーラを出しているお客様は
 そこを察すべきなので難しいですよね~」 とのこと。

fe349b09fdce7f20c0783bd46156d253_s.jpg

話しかけるなオーラって、
店頭に立っているとすごくイメージできませんか^^

 

ムスーーーッとしているお客様。

 

こういうお客様を見たら、
あなたはどうしますか?

 

ここは、売れる人と
伸び悩む人で考え方や対応が
分かれるところです。

 

まず、
伸び悩む方は、
ムスッとしているお客様を見ると、
『このお客様は話しかけてはいけないな』と思い、
そっと見守ります。

 

一方、
売れる方は、まず話しかけてみます。

 

なぜなら、
ムスッとしている理由を知りにいくためです。

 

ムスッとしているように見えるけれど、

そう見えるお客様は

・無愛想な方なのか

・シャイな方なのか

・話すのが苦手な方なのか

・話したくない気分の方なのか

 

つまり、
売れる方は最初から

ムスッとしている
=話しかけてはいけないお客様

とは、思わないんですよね。

 

だから、いつも通りに関りにいってみる。

 

もちろん、関りにいってみて
そのお客様が話したくない気分の方だった。と、
知ることもあります。

 

ですが、
意外と無愛想だったり、
話すのが苦手なお客様も多いものです。

 

売れるスタッフは、
伸び悩むスタッフが
スルーしてしまうようなお客様を
積極的に接客する。

 

それが、お買い上げにつながるのです。

 

あなたが
『このお客様はこういう人』

そう思うタイミングは
早すぎはしないでしょうか。

 

話しかけるなオーラが出ているように見えるけれど、
声をかけに行ってから判断しよう。

 

何も聞かれたくなさそうだけど、
質問をしてみてから判断しよう。

 

買う気がなさそうに見えるけれど、
商品を試してみてもらってから、判断しよう。

 

そう捉えて、関りにいくことが
あなたをさらに売れる人へと
引き上げてくれるのではないでしょうか。

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら