強化商品や、新商品の話題をアプローチに生かすコツ

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

売上をつくらねば!と、
焦っていたり、

会社で決まっている
強化商品がある時って、

その気持ちばかりが
溢れてしまって、

お客様が
何も言っていないのに、

「こちらが
 すごく人気で、
 ●●で、
 △△というよさもあり・・・」と、

どんどん、どんどん話してしまう。

そして、
『ふ~、話し終わったぜ』と
満足して、
ふとお客様を見ると、

無表情で
明らかに興味がなさそう。。。

c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s.jpg

あなたは
こんな経験をしたことは
ないでしょうか。

店頭をまわっていると、
私はよく遭遇します。

もしかして、
覚えがないだけで、
けっこう多くの販売員が
してしまっているのではないかなぁと
思います。

どれだけいい商品であっても、
お客様が全然興味を持っていない中で

熱く、深く語ったところで
お客様の商品への興味が高まることは
難しいです。

売り込み感は
伝わるんですけどね。。。

では、
こんな風に
自分が紹介したい商品を
一方的にどんどん話してしまったら
どうしたらいいのでしょうか。

そのタイミングでいいので、
軌道修正をすることを
おすすめします。

まずは、
「勝手に紹介してしまって
 申し訳ありません^^」と、
気持ちよく謝ります。

その上で、
「ちなみに、
 こういった感じは
 お好みでしょうか?」と、
聞いてみましょう。

そうしたら、
「そういうのは
 あまり好きじゃなくて」とか、

「いいと思います。
 でも、もう少し●●な感じが
 いいんですよね」と、

何かしら
お客様が思っていることを
教えてくださるはずです。

そしたら、
次へ進みやすくなります。

好きじゃないと言われたら、
どんな感じがお好みかを
聞けばいいです。

要望を教えてくださったら、
それに該当しそうな商品を
見てもらえばいいです。

大事なのは、
一人舞台のように、
熱く語って、
話しきって終了してしまうのではなく、

熱く語った後は、
その商品が好みかどうかを
聞いてみる。

このステップが入るだけで、
一気に
売り込みではなく、

お客様のことを知るための
切り出しに変わります。

 

鈴木比砂江

 


私が直接 お話を伺う
教育ご担当者向けの相談会は、
満員となったため、
受付を終了しました。

ありがとうございました!

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら