商品の強みをお客様に実感してもらう接客のコツ

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

以前、社内報の
インタビューを受けたのですが、

その記事を見てくださった支社の方が
声をかけてくださり、

講演のため、
和歌山に向かっているところです。

 

さて。

 

今日は、
商品の強みを
お客様に実感してほしい時の
簡単なコツをご紹介します。

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_s.jpg

例えば、

・商品の”軽さ”を知ってほしい

・素材の”柔らかさ”をわかってほしい

・味の”深み”を感じてほしい

・”使いやすさ”を実感してほしい

など、

商品によっては
”ココをお客様に知っていただきたい!”

そんなポイントを持っていることも
あるでしょう。

 

だから、
こちらも、熱心に語ります。

 

伝えることで、
もちろん
「確かにね~」と、
そのよさを感じてくださるお客様も
いらっしゃいます。

 

でも、
私たちが思っているほど、
お客様って
わかっていないことも多いものです。

 

なぜなら、
多くのお客様は素人だから

 

例えば・・・

あなたは
いくつかのチョコレートを食べて
それぞれのチョコに
カカオが何%入っているか、
わかるでしょうか?

 

私は、チョコの消費は
一般の方よりも
はるかに多いと自負していますが、

それでも、
「甘い」とか、

「これ、私の好きな感じ」とか、

「ん?これはちょっと苦め?」
という程度しか
わかりません。。。

 

チョコを一口食べて、
「ん~、これはカカオ◎%ですな」と、
わかる人って、
相当なチョコオタクだと思います。

 

話が少し
それ気味になってしまいましたが、

商品に毎日囲まれて
過ごしているあなたに比べて、

たまにしか
その商品に触れることのないお客様は
”違い”に
すぐには気づけないことも
多いんですよね。

 

とはいえ、
私たちとしては、
その商品のよさを感じてほしい
思うでしょう。

 

そんなときには、
他の商品を比べてもらうことを
おすすめします。

 

商品の軽さを感じてほしいと思ったら、
「ほかの商品はこういう感じです」 と、
紹介する。

 

そうすることで、
「本当だ!
 こっちに比べたら、
 断然軽い!」 と、
感じてくださります。

 

その商品の持つ強みを
引き立たせるために、
他の商品と比べてもらう。

 

簡単ですが、
言葉をたくさん重ねるよりも
断然お客様が実感してくれるはずです。

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

【募集中のセミナー】

たった1日で、売れるポイントがわかる
販売力アップ!接客セミナー
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2JiMrqP

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら