お客様に『楽しい』と感じてもらうための接客の要素

Share on Facebook
Share on LinkedIn

お客様の”心を動かす”
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

今回のテーマは
お客様に『楽しい』と感じてもらうための
接客の要素について。

同じ内容の声かけをして、
同じような会話をして、
同じ商品の説明の仕方をしていても
売れる人と売れない人がいます。

 

不思議だと思いませんか?

 

その違いはいくつかあるのですが、

最も大きい要素は、接客スタッフが
『楽しんで接客しているかどうか』

 

これが、すごい大きな影響を
与えているなぁと感じます。

 

楽しめる人は、言葉もイキイキしています。

 

一方、楽しめない人は同じ言葉でも
言わされ感が伝わってきてしまうのです。

 

私は、楽しめる人、楽しめない人には
それぞれ共通点があると感じます。

 

どんな共通点かと言うと、
楽しめる人は
うれしかったことに目を向けられていて、

 

楽しめない人は、
嫌なことばかりに目を向けてしまっていることです。

 

そんなの性格の問題だから
どうにもならない!と思う方かもしれませんが、

簡単な取り組みを継続するだけで
変わっていくことができます。

 

その簡単な取り組みとは、
『今日あったうれしかったこと』を
思い出すことです。

 

お客様からかけられた一言でもいいですし、
スタッフ間でのことでもいいです。

 

帰りの車や電車の中でもいいですし、
お風呂に入っている時でも、
ベッドに入った時でもいいです。

 

要は、毎日
今日あったうれしいことを考える時間を
つくるということです。

きっと1分くらいでできるはずです。

 

とても地味なことに見えますが、
あるお店で
驚くくらい売れない理由を挙げるのが大得意なスタッフに
毎日私にうれしかったことをメールしてもらうようにしたところ、
2か月後にお店に行くと
表情が格段に明るくなり、
「最近、楽しいんですよ♪」と変身していました。

 

『こんなに頑張っているのに全然売れない!』
そう思っている方は
楽しめていないことが売れない要因かもしれません。

 

ぜひ、接客を楽しめる体質をつくりましょう。

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.