わかりやすい商品説明をするためのコツ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

お客様の”心を動かす”
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

わかりやすい商品説明をするためのコツ
について、お届けします。

 

最近は、社内教育が徹底されているのか
商品知識が多い方が増えたように感じます。

 

店頭を回っていても、
「1つの商品に対し、こんなに知識があって
 すごいなぁ」と、
驚かされてしまうことも多々あります。

 

でも、同時に
「ムム。。。よくわからないぞ」
と、感じることも多いです^^;

 

指導するために、

話の内容に集中している
私でさえ感じるのですから、
きっとお客様だったらより感じているはず。

 

観察を続けいくと

わかりにくい商品説明をする人には
ある共通点があることに気付きました。

 

それは、
一文が長いということです。

 

例えば、パソコンの説明であれば、
「容量は~で、速度は●●で、通常の速度は○○で、
 衝撃度合は△△といって業界最高水準で、
 普通お仕事で使われる方は××を重視されている方が多いんですが、
 ××だけではスピードが速くなるわけではないので、
 ◎◎も大切にした方がいいんですよね~」
と、いった感じ。

 

頭の中にある商品知識をフルに出したいんでしょうが、
「~で、~で、~で、」と、
一文をどんどんつなげていってしまう結果
どんどんわかりにくくなってしまっているのです。

 

せっかく商品知識を持っていても、
それがしっかり伝わらなかったら
もったいないですよね。

 

もし、一生懸命説明しているつもりなのに
なんかお客様がつまらなそうにしていると感じる方は、
一文が長くなってしまっているのかもしれません。

 

思い当たる方は、ぜひ一文を短く!

意識してみてください。

 

「容量は~です。
 こちらの速度は●●です。

 ちなみに通常の速度は○○なことが多いです」
という具合です。

 

それだけで、わかりやすさが一気にアップして、
お客様に伝わる商品説明となるはずです。

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.