靴屋で見つけたお客様と気持ちの距離を縮める接客ポイント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんにちは!

 

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの
鈴木比砂江です。

 


●●は、
お客様と気持ちの距離を縮めるために
大事なもの

 

ある靴屋さんで、
ぶらっとしていた時のこと。

 

スタッフが他のお客様へ
「よろしければ、
履かれてみてください」と
声をかけました。

 

お客様は、無表情&無言。。。

 

その後、
スタッフの視線は下に向かい、
お客様の靴を見ました。

 

靴を履いた女性

 

そして、
「いつもありがとうございます。
うちの靴を履いてくださって
いるんですね」
と。

 

すると、
お客様の表情は柔らかくなり、

 

「これの●●cmはありますか?」と、
お客様から声をかけていました。

 

お客様を観察しているからこそ、
出る声かけ。

 

それが
お客様の心を動かすことを
改めて感じました。

 

売れる人は、
お客様を観察しています。

 

表情、目線、
持っているもの
、など。

 

一方、売れない人は、
商品ばかりを見ています。

 

だから、
お客様がどんな物を
身に着けていて、

 

何を見ていて、

 

どのような表情をしているかに
気付けません。

 

あなたは、
お客様を観察していますか?

 

もし、
商品ばかりかもと思われる方は、

 

まずは
お客様:商品=6:4

 

この比率でいいので、
商品より
お客様を見る時間を
長くしてみてください。

 

それだけで、
お客様について
気付けることが増えるはずです。

 

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★26,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本