セールでの購入率を上げるための接客方法

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

こんにちは!

 

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの
鈴木比砂江です。

 


セールでの
購入率を上げる接客

 

最近、セールを頻繁に行なう
お店が増えてきました。

 

セールの日数が長くなった、
セールの頻度が多くなった、
というお店もあるでしょう。

 

そこで、今日は
そんなセール時に
購入率を上げる接客
についてです。

 

以前、
セール時の接客を見直したい
というご相談を受けて
訪問したお店がありました。

 

セール中は、
やはりすごい賑わいで
試着室は順番待ちが当たり前。

 

スタッフも試着室をまわすのと、
試着後に返される商品を戻すので
手一杯の様子。

 

そんな中、
気になるスタッフを発見しました。

 

そのスタッフが試着室に誘導すると
購入率が高いのです。

 

アップ

 

不思議だったのと、
秘訣は何だろう?と思い、
観察していると、

 

そのスタッフだけが行っている、
あることに気が付きました。

 

たいていのスタッフが
「試着室でお待ちの○○様、
お待たせいたしました」と
ご案内しているのに対し、

 

そのスタッフは、
お客様が試着室に入る前に
ワンポイントアドバイス
もしくは、
ちょっとした会話をしていたのです。

 

具体的には、
ピンクと白の
色違いのカットソーを
持っているお客様には

 

「色違いで迷われているんですか?
ちなみに今日のお洋服には
白の方がお似合いだと思いますよ」

 

ボリュームのある
スカートを履かれた方が
ゆったりとしたカットソーを
持っている場合には、

 

「もしかしたら、
ダボッとした感じに
見えるかもしれません。
その時は、下にタイトなパンツや、
短めのデニムのスカートなどと
合わせるとかわいいので、
そんな感じでイメージしてみてください」

 

ご年配のお母様と一緒に
お買い物にいらしている方には、

 

「お母様と一緒にお買い物ですか?
ステキですね~。
好みを知ってくださっているので、
頼もしいアドバイザーですよね♪」と
いった声かけをされていました。

 

セールで忙しいからと、
ただ回転率を上げることだけを
考えるのではなく、

 

わずかな接点を生かして、
お客様へのアドバイスや会話を投げかける。

 

その結果、
高い確率で
お買い上げに結び付くんだなと
学びとなったセール時の接客でした。

 

また、
その方に声をかけられたお客様は
印象に残るため、
セール以外の時にも
お店に足を運ぶようになるでしょう。

 

いつもと比べると
接客する時間は圧倒的に少ないでしょうが、
その時間でお客様に何を与えられるか?

 

それを意識して、
セール時の購入率を上げ、
セール以外の時期でも
足を運んでもらえる接客を
行っていってはいかがでしょうか。

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら