快適な空間を提供するための店内清掃時のポイント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

 


快適空間を提供するための
清掃時のポイント

 

 

先日、レストランで
食事をした時のことです。

 

 

手頃な価格なのですが、
料理はおいしく、
接客も感じがよく、
気分よく食事ができました。

そして、帰ろうと
会計に向かった時のこと。

 

 

レジ横に置いてある
棚が目に飛び込んできました。

 

 

その棚は
驚くほどぐちゃぐちゃだったのです。

 

 

台帳らしきものは倒れていて、
お客様が置いていったレシートなのか
紙きれがワサーッと置いてあって・・・

 

 

料理も接客もよかっただけに
なんだか残念な気分になりました。

 

 

清掃って、毎朝の仕事だからと
なんとなく取り組んでいる方が多いですが、
意外と重要なポイントです。

 

 

きれいだからといって、
お買い上げに結び付くことは少ないですが、
汚いことで、
『ここで買い物をするのはやめよう』とか、
『ここでは最低限の食事で帰ろう』などと
購買意欲が落ちることにはつながってしまいます。

 

 

そこで、清掃時には
ぜひ、このポイントを意識して
取り組んでみてください。

 

 

そのポイントとは
最終チェックを
お客様目線で行う
ことです。

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 


動画はこちら
↓ ↓ ↓
https://youtu.be/4yFq7ckzw0o

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

店内清掃をする際、
たいていが立って行なうはずです。

 

 

でも、お客様がみなさま
常に立っているかというと
そういうわけではないはず。

 

 

椅子を置いているのであれば、
椅子に座ることもありますよね。

 

 

すると、テーブルに置いてある
メニュー表が汚れていたり、
座った角度からしか見えない
棚の汚れが見つかったりします。

 

 

だから、清掃が終わったら
お客様と同じように
一度お店の外から入ってみて、
お客様の行動をたどりながら
清掃をチェックしてみる。

 

 

そうすることで、
あなたのお店が
よりお客様にとって
快適に過ごせる空間となるはずです。

 

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本