客数が少ない時期に大切にする接客ポイント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


客数が少ない時に
大切にすること

 

あなたのお店には
売れる時期がありますか?

 

例えば、チョコレート店であれば
2月のバレンタイン前が
一番のピークでしょう。

 

また、お洋服であれば
セール時期は賑わうでしょう。

 

アクセサリーや
ブランド店であれば、
12月のボーナス後やクリスマス前が
混雑するでしょう。

 

居酒屋だったら、
金曜が多いかもしれません。

 

このように、お店によって
客数が多い時期があるはずです。

 

一方で、どのお店にも
必ず客数の少ない時期もあります。

 

今日は、この客数の少ない時期に
どんなことを大切にしたらよいか、
についてお届けします。

 

まずは、
客数が少ない時期と
大混雑の日の対応は同じではありません。

 

大混雑の時は、
限られた時間内でいかに多くの方
気持ちよく買い物していただけるか

考える必要があります。

 

そのため、効率も重要です。

 

しかし、客数が少ない時には
あえて非効率な接客をおすすめします。

 

混雑時には聞けないような
趣味の話を聞いたり、

 

お客様が持っているものについて
詳しく聞いたりする。

 

忙しい時には
『時間がなくて、そんなことまで聞けないよ!』
ということをあえて聞いたり、話したりする。

 

そうすることで、
どんなメリットがあるのか?

 

お客様の滞在時間が延びます。

 

滞在時間が延びると
他のお客様が入ってきやすい雰囲気
なります。

 

あなたも経験はないでしょうか?

 

入ろうと思ったけれど、
誰もお客様がいないので
なんだか気まずい感じがして、
入るのをやめた経験。

 

お客様は、
他のお客様がいると
安心して入ることができます。

 

しかし、
誰もお客様がいない中で
入るって、ものすごく勇気がいるのです。

 

いらっしゃったお客様も
大切に接客してもらえると感じて、

 

加えて、
他のお客様も入りやすくなる。

 

いいことづくしですよね^^

 

だからこそ、ぜひ
客数が少ない時には
積極的に非効率な接客をしていきましょう。

 

それが、お買い上げ率アップに
つながっていくはずです。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★28,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本