忙しくて、いつもしている接客ができない時はどうしたらいいか

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

 
忙しくて、
いつもしていることが
できない時は

 

店頭は、落ち着いている時間もあれば
忙しい時間もあります。

 

落ち着いている時は、
(というか暇な時)
接客も丁寧にできるでしょう。

 

でも、忙しい時はそうもいきません。

 

例えば、見送り

いつもは丁寧に出口まで見送りをしているけれど
忙しいと、ずっと待たせてしまっているお客様も
いらっしゃるので、
なかなかそこまで行けない><

 

そんな時もあるでしょう。

 

しかし、いつも見送りを
してもらっているお客様からすると
何も触れずに会計が終わって
「では、ここで!」と言われると
『今日は感じが悪い』と感じてしまうでしょう。

 

では、どうしたらいいのか?

 

そういう時には
「出口までご一緒したかったのですが、
 本日はこちらで失礼いたします」

と、一言添える。

 

要は、いつもしている接客の一手間を
勝手に省かずに
一言添えてから、省く。

 

この一言を添えるだけで
不快に感じるお客様は格段に減るでしょう。

 

忙しいから、仕方がない。
ではなく、
忙しい中で何ができるかを考える。

 

そんな積み重ねが
お客様と長くお付き合いが続くために
大切なのではないでしょうか。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★26,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本