購入率の高い接客スタッフがしていること 購入率を上げるコツ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


なぜ、あのお店から出てくるお客様は
買い物袋を持っているのか?

 

あるショッピングセンターに
行った時のことです。

お客様たちは
目的もなく、目に留まるお店に
ぶらっと入って、ぶらっと見て、出ていく。

どのお店でも
そんな光景が多く見られました。

そんな中で、
1店舗、気になるお店を発見しました。

鞄店です。

 

なぜ、気になったのかというと、
そのお店から出てくるお客様は

 

他のお店に比べて
圧倒的に買い物袋を
持って出られる方が多かったのです。

 

しかも、そのお店の価格は
周りの店舗よりも価格が高めです。

しばらく、外から観察をしたところ
他店との違いがありました。

 

声をかけるタイミングが
ものすごく速かったのです。

 

もちろん、私は
どんな声をかけられているのか
興味津々で店内に入っていきました。

すると、
私が見ていた限り
お買い上げ率が最も高い
スタッフの方が近づいてきました。

そして、
私が見ている鞄に対して、

「そちらに似た形だと、
 あとは、こういう感じもありますよ」

と、似た形を持ってきてくれて、
私に渡してくれました。

そこに加えて、
「これくらいの大きさがお好みですか?」と。

私は思わず
「はい。
 いつもこれくらいの大きさが多いです」

と、答えて
そのまま接客を受けてしまいました。

アプローチが上手!と、
軽く興奮しましたね(笑)。

おそらくこの方は、
かなりの確率で声をかけたお客様から
無視をされずに接客につなげられるでしょう。

この方のアプローチから
ご紹介したいポイントは2つです。

1つ目は、
お客様が興味を持つ
情報提供をしていたこと。

今回は
お客様が目を留めている商品と
似ている形をご案内してくれました。

お客様が目を留めている、
ということは、
大なり小なりその商品が
気になっているわけですよね。

てことは、
似た形の商品にも興味を持つ可能性が高いですし、

それを教えてもらえることは
お客様にとってもうれしいです。

2つ目は、
「これくらいの大きさが
 お好みですか?」の中の、

「お好みですか?」
と、表現されていること。

「これくらいの大きさを
 探しているのですか?」と
聞かれたら、

ぶらっと入っただけの私は間違いなく
「いえ、見ているだけです」と、答えたはずです。

でも、
「お好みですか?」は、
好きかどうかを聞いているだけです。

だから、とても答えやすい質問でした。

お客様が見ているものと
似た商品の案内
   +
「お好みですか?」

私が店頭にいたら、
さっそく使ってみるでしょう^^

これは、他の業種でも使えます。

例えば、
あなたがカーテンの販売を行なっていたとします。

ベージュのカーテンを見ているお客様へ

「見ていらっしゃる
 ベージュに薄く柄が入ったものだと
 花柄でこういったものもありますよ。」

「ベージュがお好みですか?」

こんな感じで
声をかけるのもいいでしょう。

そうすることで、
お客様が
「いや、ベージュが好きなわけではなくて、
 この薄く入っている葉っぱのような模様が好きで」

と、答えてくれる
きっかけとなるはずです。

アプローチの声かけが
なかなかうまくいかなくて
悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

鈴木比砂江

 

PS
このステキな接客を受けた私は
やはり、買ってしまいました。

紙袋を持ってお店を出たところ
外で待っていた夫は呆れて微笑んでくれましたとさ。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本