感じの良い店員さん レジ対応で嬉しかったこと

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

関東近郊の方
昨日の雪は大丈夫でしたでしょうか。

 

私は都内で研修だったのですが、
途中で
1時間早く終了することが決まったのですが、

どこの会社も同じようなタイミングで
同じようなことを考えているようで、
帰りが大変><

 

タクシーもないし、
人が溢れかえっていて
駅のホームにたどり着くまでも
長蛇の列。

 

電車も激混みで、
しかめっ面をしている人が多く、
通常の時間の3倍以上かかって、
帰ってきました。

 

で、帰りの電車で
一駅前で止まってしまったんです。

 

8ef129a0ec6d81a548e70f3e2aea7f68_s.jpg

またいつ動き出すかわからなかったので、
降りて、タクシーに乗ることに。

 

そして、タクシー乗り場に向かったら
並んでいる人が30名以上!!!

 

『これは、無理だ~』と思い、
歩いて帰ることにしました。

 

私自身、北海道育ちなので
雪道は平気です。

 

ですが、今回ばかりはちと違う。

 

パンプスを履いているので、
歩きにくい!
しかも、ちょっとした坂で滑るんです。

 

腰を曲げて
一歩一歩小刻みに歩きました。

 

半分ほど歩いたところで、
『もう歩きたくないよ~』と、
子どものように心の中で
叫んでいました。

 

そこに加えて、
『帰ってから食事の用意をするのも
 もう嫌だよ~』とも
思っていたところ、

5メートルほど先に
お惣菜屋さんを発見!

 

『今日は、できたものを
 買って帰ろう』
そう思って、
お店に向かいました。

 

ドアはなく、
外に面したお店なので、
寒いんでしょうね。

 

店員さんは女性だったのですが
唇の色が
紫っぽくなっていました。

 

商品を取ってくれる手も
少し震えています。

 

その店員さんが
商品を渡してくれる際に
一言を添えてくれました。

 

こんな雪の中で、
 ありがとうございます

 

私は
「いえいえ、こちらこそ
 こんな天気の中で
 営業してくれているおかげで
 買い物できました。
 ありがとうございます」

 

そう言って、
気持ちよく残りの道を
歩くことができました。

 

天気が悪く、
内心どこかでは
『寒くてしんどい』

『私、なんでこんな日に
 出勤になってしまったんだろう』

『私、かわいそう。。。』
そんな思いは
あったと思うんです。

 

だって、
震えていましたから。

 

きっと
ただの「ありがとうございます」では、
何も感じなかったのだと思います。

 

私があたたかく感じたのは
「こんな雪の中で」という部分が
あったから。

 

こんなに冷え込む中
 ありがとうございます」

足元滑る中
 ありがとうございます」

急いでいらっしゃる中
 ありがとうございます」

●●な状況の中で、
ありがとう

とするだけで、
お客様に寄り添っている気持ち
伝わるのではないでしょうか。

 

悪天候だからこそ、
人のあたたかさ
感じることができる日となりました。

 

 

 

鈴木比砂江

 

 


次、大雪の予報が出た時には
長靴を持参しよう!と、
心に決めた日でもありました^^

 

 

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本