お客様の興味が高まる接客への巻き込み方

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 

 

 


あなたの接客に
この場面はありますか?

 

 

最近、我が家では
季節の野菜やくだもの狩り体験
よく行っています。
 

 

きっかけは娘の偏食。

 

 

野菜も、くだものも
食べられるものが
かなり限られているんです。
(お菓子は何でも好きなんですけどね^^;)

 

 

どうしたら食べれるようになるだろう?と、
考えて、料理の味付けを工夫したことも
ありました。

 

 

しかし、残念ながら
私の料理の技術では
限界な部分があり、
食べれる品目はほぼ変わらなかったんです。。。

 

 

そんな中、昨年の秋に
たまたま遊びに行った先でやっていた
さつまいも掘り
一緒にやったんです。

 

 

娘は黙々と集中して、
ドロドロになりながら
さつまいもを掘っていました。

 

 

帰りも
「楽しかった」と何度も繰り返して
いました。

 

 

そして、帰ってきたら
「取ったさつまいものを食べたい」
言い出したんです。

 

 

娘の口から
野菜を食べたいと出てくるなんて
アンビリーバボーなことです(笑)。

 

 

そのさつまいもは
サラダにしても、炒めても
「おいしい♪おいしい♪」と
言って食べていました。

 

 

そこから、
時間を見つけては
一緒に野菜やくだものを取りに行く。
という経験
一緒に重ねています。

 

 

一緒に料理をする機会も増えました。

 

 

料理といっても
大半は野菜を切ってもらうことです。

 

 

正直言うと、
仕事から帰ってバタバタと
時間のない中、
子どもに野菜を切ってもらうって
避けたいんです。

 

 

だって、下手くそな割に
モーレツに時間がかかるんですもん。。。

 

 

自分でチャチャッと切って
料理してしまった方が
ずっとずっと楽。

 

 

でも、野菜の収穫と一緒で
参加することで興味が湧く
思うんです。

 

 

実際に、娘は
自分が手掛けた野菜は
いつも積極的に食べています^^

 

 

これ、実は

接客でも同じなんです。

 

 

例えば、
私の体験だと
扱っていた鞄の中に
ショルダー部分を
くるくるっと丸めると
手持ちにも使えるような鞄がありました。

 

 

その鞄を紹介する際、
「こうやってくるくるっと巻くと
 手持ちにも使えますよ」と
私がやって見せながら
紹介するだけよりも、

 

 

やってみて、
「一度、お客様もやってみませんか?」と
お客様にも同じことをやってみてもらった方が
お客様がその鞄に興味を持ってくれて
お買い上げにつなげる機会が多かったです。

 

 

以前、掃除機の販売数が多い
スタッフの接客を見たことがありますが、
扱いやすさをアピールする際に

 

 

多くのスタッフは
「2~3回使って
 ゴミがたまったら、
 ここをカポッて取って、
 このまま捨てられます」と、
説明だけで終わるところ、

 

 

説明の後に
「本当簡単ですよ♪
 やってみてください♪」と、
お客様にやってもらっていました。

 

 

そうすることで
お客様から「本当だぁ~」という
声が湧き、
お買い上げにつながっていました。

 

 

あなたの接客の中で、
あなたからの説明だけではなく、
その後にお客様にもやってみてもらえる部分
ありませんか?

 

 

ないようであれば、
あえてつくれそうな場面はありませんか?

 

 

お客様に参加してもらう。

 

 

そうすることで、
お客様の気持ちはお買い上げに向けて
高まっていくはずです。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.