お客様の購買意欲を高めるための商品提案時の接客のコツ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

こんばんは!

価格ではなく、価値で選ばれる
売れる接客コンサルタントの鈴木比砂江です。

 


お客様はプロじゃない

 

 

”接客では、
 お客様の気持ちを考えることが重要”

 

 

というのは、
きっと誰もが聞いたことがあるはずです。

 

でも、わかっているつもりだし、
意識はしているもののなかなか接客に
反映できていない人が多いのではないでしょうか。

 

店舗をまわる中でそう感じる一つに
お客様へ勧める
試し使いや試着の回数の少なさがあります。

 

あなたは接客中、
同じ商品を”何度”
お客様に試着してもらっていますか?

 

例えば、私の話を少しすると、
私はスニーカーをあまり履きません。

 

でも、年に1~2度くらいのペースで
「スニーカーをおしゃれに履きこなしたい!」
という欲求が湧き、
スニーカー探しの旅に出ます。

 

そこで、
自分の中で好きな色やデザインを中心に
2~3足くらいに絞り履いてみます。

 

 

しかし!

 

わからないんです。

 

 

私にとってスニーカーはなじみが薄いので、
どれが自分に似合っているのかピンとこないんです。

 

一方、
夫はスニーカーが熱狂的に好きです。

 

お店に行くと、
毎回時間をかけてじっくり見ていますし、
普段は周りの人の対して驚くほど
興味を持たない人なのですが、
「あれは見たことない」とか「かっこいい」など
スニーカーだけはよく見ています。

 

そのため、いつもは一緒に買い物に行っても
何も言わないのに、
スニーカーに関しては
「それは形が似合わない」とか、
「色が似合わない」
「こっちを履いてみて」と、
店員かのように辛口接客をしてくれます(苦笑)

 

私にはこの商品の
どこが似合っていなくて
どうしてこれが合っているのかも
全然わかりません。。。

 

でも、不思議なことがあるんです。

 

候補のスニーカーを
何度も何度も履いているうちに
「確かにこれが一番しっくりするな」って
感じてくるんです。

 

_____________________

お客様は一度試し使いをしたり、
試着するだけでは
自分に合うものは
判別できない

_____________________

 

お客様はあなたのように
毎日、お店の商品に囲まれている
わけではありません。

 

つまり、お客様にとっては、
あなたのお店の商品は
どれも新鮮なものばかりなんです。

 

あなたは、商品と
様々なお客様を見ているプロだから
一度合わせてもらったり、
使ってみてもらえば似合うものがわかるかもしれません。

 

でも、お客様は
なんとなくでしかわからないんです。

 

お客様の中でしっくりこないと
「買おう」
という気持ちまで高まりません。

 

しっくりきてもらうための一つの方法。

 

それは、何度も試してもらうことです。

 

お客様には、
何度も何度も商品を
触る機会を差し上げる。

 

使ったり、試着できる商品であれば
何度も試してもらうことです。

 

それが、お客様の中で
気に入った商品を見つけられたり、
その商品へ愛着が湧いてくる
きっかけとなります。

 

 

 

あなたの接客力を伸ばす無料メールレッスンはこちら

 

鈴木比砂江の
YouTubeチャンネル
(登録がまだの方はぜひ☆)
 ↓ ↓ ↓

diversity_button_1

 

 

★30,000部突破!!!

売上が伸びる接客 / かんき出版

売上が伸びる接客 本