売れる人のトークは、商品紹介の仕方が違う

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

今日は、午前中に研修。

 

その後、
継続してサポートに入っている
企業のご担当の方から、
「緊急で相談したいことがある!」とのことで
研修先の最寄り駅までいらしていただき、
ちょこっとだけ打ち合わせ。

その後、
4月から入る
新たな企業の方のもとへ。

 

そして、気づいたことがあります!

 

なんと!

 

バレンタインデーが
過ぎていました!!!

 

特に、
誰にあげるわけでもないんですけどね^^;、

(夫にあげても、
 結局、私が食べるんです)

 

バレンタインの時期は、
バレンタインコーナーができて、
いろんなチョコが並ぶじゃないですか。

 

そのコーナーをまわって
毎年、自分用にいろんなチョコを
買っているんです。

 

そして、
胸やけするほど
チョコを食べるのが
私のバレンタインの楽しみ方だったのに・・・

 

気づいたら、
2月14日が過ぎていた~><

 

今年、
バレンタインコーナーに
寄れなかったのが悔やまれます。

 

1月末に
何度かお菓子を買う機会があったので、
その時に、どこかのお店の方が

「バレンタインも近いですね。
 最近は、ご自身用に
 選ぶ方も多いので、
 早めに選んでおくのも
 一つかもしれないですね^^」
と、
声をかけてくれていたら、
こんなことにはならなかったのにー><

と、こっそり誰かのせいにしたい気分です。

 

この
私のくだらない教訓から思い出した
売れる人がよくやっている
接客ポイント
があります。

 

それは、
ちょっと先のことを話すことです。

 

どういうことかというと、

たとえば、
今の時期に
ジュエリーを見ていたら、

頑張っても
思うように売れない方は、

「今日、着ているニットの色にも
 合いますね」と、

”今のことだけ”を話します。

 

でも、売れる人は、
「今日、着ているニットの色にも
 合いますね。

 そうそう、来週末からは
 だいぶあたたかくなってくる
 らしいですよね。

 ちなみに、
 春とか夏に、白のシャツを
 着たりもしますか?

 だったら、白のシャツを着た際の
 空いている首元から
 こちらのネックレスが見えると
 とっても爽やかです♪

という具合に
少し先の時期に
使っていることを
イメージしてもらえるようにする。

 

そうすことで、
お客様も
これから商品を使う自分を想像できて、
ワクワクしてきます。

 

このワクワクが
『欲しい』につながっていくんです。

 

あなたの商品紹介の仕方は
お客様に
その商品を使う少し先の自分を
イメージしてもらえているでしょうか?

 

これがあるだけで、
お客様の『欲しい』は
確実に高まっていくはずです。

 

 


あなたに必要な
『売れるポイント』が見つかる!

販売力アップセミナー、
残席わずかです。

↓ ↓ ↓
http://bijou-life.com/seminar/

 

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら