店頭が暇な時に使っていた、スゴ技のアプローチトーク

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

研修を終え、
福岡空港に向かう電車の中で
書いています。

 

以前、仕事帰りに
ある洋服店に寄りました。

 

正直、私はそんなに
好きな感じではなかったのですが、

クライアントのお客様層が
寄るようなお店だったので、
勉強がてら入ってみました。

 

すると、
20代半ばくらいの女性のスタッフの方が
近寄ってきました。

 

その方は、

「どんどん試着されてください。

 

 買わなくていいですから。

 

 もう朝から暇なので、
 お客様が話し相手になってくれたり、
 試着をしてくれるだけでも
 本当助かるんです」

 

そう、
くったくのない笑顔で
声をかけてきました。

最初はびっくりしましたが、
あまりにオープンに話してくれる雰囲気に
思わずこちらもクスッと
笑ってしまいました。

 

接客はもちろん、
真面目な仕事です。

 

でも、
店頭がどうにも落ち着きすぎている際には、
それを強みに変えてしまい、
明るく言って

売込み感ゼロにすることで、

お客様にとって
過ごしやすい場をつくる。

 

これも、
一つのアプローチの仕方だなぁと
感じました。

 

なお、
私にとっては期待を裏切る
楽しい時間となり、
ついつい買い物もしてしまいました。

 

試しに
あなたも使ってみてはいかがでしょうか^^

 

お客様の意外な反応を
もらえるかもしれません。

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら