トップ販売員の質問の仕方

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

今日から、
岡山

福岡

京都と、動きます。

 

昨日は、
サポート企業の
トップのスタッフの男性に
インタビューをしました。

 

扱っていらっしゃる商品は
数万円~数百万円の商品です。

 

このインタビューが
もう大興奮!

 

表情も、
言葉の選び方も、
接客の流れも、

売込み感なく、
自然な流れで
お客様が購入まで決められるんです。

 

同じフロアで
その男性スタッフと
販売をしたら、

私なんて
足元にも及ばないだろうなぁと
思いました。

 

私も勉強になりすぎて、
楽しくてしょうがなかったです^^

 

でも、
周りは
彼の売上が
断トツなのはわかっているけれど、

どのタイミングで
どんなことをしているから
売れるのかを
正しくわかっていないんですよね。

 

今回の私の仕事は、
トップのスタッフがやっている
ポイントやトークを、

いかに簡単に、
いかに取り組みやすい形で
全店に広めていくかです。

 

持っているすべてを
教えてくださったからこそ、
その気持ちに応えられるように
広めていきたいと思いました。

さて。

 

そのスタッフの方と
話をしていた際、

学んだポイントは、
山のようにあるのですが、

その中で1つ、

簡単だけれど、
意外とやっている人は
少ないなぁと感じたポイント
ご紹介します。

 

それは、
いくつか商品を試してもらった後、

「どれが好きですか?」ではなく、

「今、触った中で
 「あ!これがいい!」と思ったものや、
 「これが、しっくりきた」と
 感じたものはどれでしたか?」

という感じで聞く。

 

ポイントは、
お客様が心の中で思ったり、
感じているであろうことを
添えることです。

 

そうすることで、
お客様も
「しっくりきたのは、これです」と、
答えやすくなります。

 

同じことを聞こうと思っても、
言葉の選び方
言い回しが変わるだけ
お客様の反応も変わります。

 

ぜひ、この質問の仕方を
使ってみていただけたらと思います。

 

きっと、
お客様がすんなり話してくれる感覚が
得られるはずです。

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら