ファミレスで感じた誠実な接客対応

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

先日、
仕事を終えて
帰り途中のこと。

 

家に着く前に
やっておきたい仕事があったので、
ファミレスに寄りました。

 

若い男性の方が
注文を聞きにきてくれて、

バニラアイスと
ドリンクバーを
お願いしました。

 

ですが、
なかなかバニラアイスが
出てこないんです。

 

『アイスがカチカチ過ぎて、
 取れないのかな~』

 

そんなことを思っていると、
15分後くらいに

「お待たせしました」

そう言う
女性の声が聞こえました。

 

顔を上げると
大きなお皿を持っています。

 

そして、
「オムライスです」と、
テーブルに起きました。

私は
「こちらではないですよ^^」と、
お伝えすると、

女性のスタッフの方は
「え?」という顔をしています。

 

そこで、
「私が頼んだのは
 バニラアイスです」
と言ったら、

「申し訳ありません。
 ただいま、すぐにお持ちします」と
言って去っていきました。

 

そこで、はっとしたのです。

 

もしや、
注文を聞きに来てくれた
男性スタッフには

バニラアイス

バニラライス

オムライス

という感じで、
伝わっていたのかしら・・・?と。

 

片手にオムライスを持っていた
女性スタッフが去ってから、

1~2分で、
また違う女性が
「ご迷惑をおかけして、
 申し訳ありません」と、
バニラアイスを片手に
きてくれました。

 

名札を見ると、
『〇〇リーダー』と書いてあったので、
その時間帯の責任者の
アルバイトの方でしょう。

 

すると、
今度はその2~3分後に、

バニラアイスを
オムライスと聞き間違えた
男性スタッフが来たのです。

 

そして、
「私が打ち間違ってしまって、
 すいません」と言って、
新しい伝票を置いていきました。

 

バニラアイスの割には
かなり待ちましたが、

怒りの気持ちは
一切湧かずに、

むしろ、
誠実に対応してもらえた
うれしい余韻が残りました。

 

その後、見ていると
謝りに来てくださったリーダー

周りのスタッフたちへの関わり方が
いいんですよね。

 

怒るわけではなく、
かといって、
放ったらかしにしているわけでもなく、

 

スタッフに感謝を伝えたり、

仕事を教えたり、

指摘をしたりしています。

 

関わり方で、
スタッフの成長が変わることを
改めて実感したときでした。

 

あなたは、
後輩スタッフに対して、

『なんで思うように動いてくれないの?』

『なんで、やる気がないの?』と、

イライラ&プリプリしてしまっては
いませんか?

 

あなたの関わり方が変われば
スタッフも変わっていくかもしれません。

 


今まで、
私は声が通ると思っていたのですが、
今回の件で、
注文する際には
もっと大きな声でハッキリ言おうと
思いました^^

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら