売り逃しを防ぐ、接客アプローチのタイミング

昨日は
お店巡りに行ってきました。

 

お昼くらいから
ほとんどのお店が閉まる20時まで。

 

しかも、
家族を連れて^^;

 

帰り際、娘は
「ママ、ゆいかの足が「へろへろだ~」て
 言っているよ~><」と、
嘆いていましたが、

付き合ってくれるのは
ありがたいです。

 

そして、
お店をめぐると
たくさんの発見があって、
行くたびに勉強になります。

 

今日は、
昨日、お店巡りをした中で
面白い傾向だなぁと思ったことを
ご紹介します。

 

扱っている商品を問わず、
多くの店頭スタッフの方は、

お客様が手を伸ばして
商品に触れていると声をかけます。

 

『商品に興味を持ってくれている』と、
感じるからでしょう。

 

また、
お客様が商品を見ている目線を上げて、
首を少し動かしたら声をかけます。

 

『あ、スタッフを探しているのかも♪』と
感じますよね。

 

ですが…

お客様が商品をじーっと見ているだけだと、
一気に声をかける頻度が落ちるんです。

 

化粧品を扱うお店では、
お客様が商品を手に取って見ていると
声をかけていました。

 

でも、商品の前で止まって
じーっと商品を見ているお客様には

お客様の存在はわかっていても、
そっとしていました。

 

時計店では、
ディスプレイを見ている顔を
一瞬でも上げるお客様には
声をかけていました。

 

でも、
顔を上げずに
じーっと時計を見ているお客様のことは
見守っていました。

 

それを発見して、
これまで我が家で起きていた
疑問が解決しました。

 

洋服店では、
メンズとレディース、どちらも
扱っているお店に入ると

決まって、
夫は声をかけられます。

 

ですが、私は
決まって
声をかけられないんです。

 

本当に、びっくりするくらい
夫は声をかけられて、
私は放っておかれるんです。。。

 

娘にはいつも言われます。

 

「パパはお店の人に
 いつも声をかけてもらえるのに、
 ママは全然 声をかけられないよね~」と、

子どもから見ても
明らかなほど
私は声をかけてもらえません。

 

ちなみに、夫は
目つきがきつく見える人なので
優しそうなオーラは出ていないです(笑)。

 

だから、これまでは内心
『私のほうが夫より
 優しそうな雰囲気は出しているはずなのに
 なぜ、声をかけてもらえないんじゃ><』と
思っていました。

でも、
昨日、わかったんです。

 

夫は、
買う気がさほどなくても、
商品をよく触るんです。

 

一方で、私は
『声をかけてもらったら、
 買うよー!』と
買う気満々なのですが

じーっと見ることはあっても、
商品を触れることは
あまりないんです。

 

そこで、実験してみました。

 

私も商品をよく触るようにしたのです。

 

そしたら…

声をかけてもらえる頻度が
格段に上がりました!!!

 

『私、お店の方たちに
 避けられていたわけじゃなかったんだ!!!

 わーーーい♪♪♪』
という思いも
ちょっぴりだけありましたが、

そんなことよりも感じたのは…

 

もったいないなぁ。

 

もしかしたら、
せっかく興味を持ってくれているお客様も
気づかぬうちに
逃してしまっているのかもしれないなぁと。

 

だから、
お客様の”目線”と”目線の止まり”を
もっと大事に見ては
いかがでしょうか?

と、思いました。

 

お客様の目線が5秒以上止まるときは、
商品に興味が湧いている時です。

 

10秒以上、目が留まっていたら
興味津々な時です^^

 

たとえ、商品に触れていなくても
お客様の目線が止まっている時は、
興味のサインと捉えてみる。

 

そう思って
声をかけてみるだけで、

お客様数が変わらなくても
売上は変わっていくのではないでしょうか。

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら